美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル 編集部ブログ
2010.08.24

美肌の湯 その7 新潟県・栃尾又温泉「自在館」「宝厳堂」編集/井上 智明

はああ・・・気付いたら2カ月も更新してなかった・・・しかも、音羽ビューティ日記のカテゴリーがない! が~ん。今後はトップページの「編集部」というカテゴリーから入ることになったみたい。

で、今回慌ててアップするのは、この温泉が夏にピッタリの温泉だからです。いい加減夏が終わる前に紹介せんとあと一年出せない!

新潟県・魚沼市。とってもおいしそうな地名の街にこの温泉地はあります。

東京からは遠いです。最初に行ったときは新幹線で越後湯沢まで行って、そっから在来線で小出という駅まで行ってさらにそこからバスに乗って終点まで30分少々。栃尾又温泉と言います。このさらに奥からは尾瀬にすら行けてしまう、という恐ろしく山奥にあるんです。車でも4時間くらいかかりました。そう、ここ3年ほど、夏になるとこの温泉地に行っているほどのお気に入りなんです。

これは宝厳堂に続く坂道。山奥の本当に突き当り?って感じ。

栃尾又温泉は日本有数のラジウム温泉です。貴重なお湯を大事に使うためか、3件ある宿には独自の温泉がありません。共同のおっきい温泉があって宿泊客はここに集ってきて、みんな長湯していきます。(ただし、自在館という宿のみ、ほかの源泉を加熱したあったかいお湯の貸切露天と内湯があります)共同湯はお湯の温度が37.2度。ぬるいです。汗もかかず2時間でも3時間でも入ってられます。入ってしばらくすると、カラダにこまか~い泡がびっしり付いてきます。しかもそのうち眠くなってきます…

みんながみんな長湯なので、人がいつも入っています・・・なので、撮影のタイミングが…これが限界ぎりぎりっす。

うたた寝しててカクンカクン、と首を揺すったときにできるお湯の波紋にすら、ハッとしてしまうほど、静かです。もちろん人は何人も入っているのですが、みんな静かにしています。なぜなら、ここは「私語禁止」。昼間だけですけどね。あからさまに私語禁止とは書いてないけど、お話は慎みましょう、的なここが書かれてる。なかなか衝撃です。でも、そう書かれていなくてもここに来ると、しずか~にお湯をじっくり楽しみたい、自分の体と対話したい、なんて思えてしまう不思議な力があります・・・カラダの中の細胞が元気になっていくような感覚。

そう、細胞です。やべ、まだラジウム温泉って何にいいのか、書いてなかった・・・温泉に含まれるラドン(ラジウムが気化したもの)から出てくる放射線(!)が細胞ひとつひとつに刺激を与え、細胞を活性化させ、不要なものを排出し、リフレッシュさせる効果があるそうです。(自在館のHPより)肌からだけでなく、呼吸することでも、お湯から気化したラドンを吸うのでこれまた効果倍増のようです。

自在館ではお部屋でラジウム泉が飲めるように、ポットが用意されています。ロビーにもあった。

一見、怖い感じもしますが、ちょっとした刺激こそが肌にも、健康にも、ココロにも必要なんですよね、結局。何にも起こらない平穏な毎日だとどうしてもそれが顔にも顕れて、ゆるんだ顔つきになってしまうような気がします。何にしてもちょっとストレスがあるくらいが刺激があってちょうどいいのかも。美に関しても、な~んにも気にしなくていい毎日なんて、確かに張り合いないですよね。気にしたり、悩んだほうが美しくなれる!、みたいな感じ?

で、肌に細胞にそんな刺激があるとは思えないほど、ここのお湯に浸かっていることは心地よくって、本当に2時間とか入ってられます。早めに宿について、ず~っとお風呂に入って気付いたらもうごはんの時間、ハラ減った~→もちろん、米どころだから当然おいしい日本酒飲んで、魚沼産のコシヒカリとか食べて満腹!→温泉のせいかよく眠れる~という至福のサイクルがここに来ると待っているのです。で、夜中に一回目覚めてまたお風呂入ったりビール飲んだり。あ~しあわせ

夜に入った自在館の貸切露天風呂。ここは汗ばむくらいのあったかさです。
ぱっと見てもわかりませんが、もちろん魚沼産コシヒカリです。おかずは漬物くらいでも十分です!

まだ、夏休みとってなかったり、ちょっと人ごみに疲れたり、ぬる~いお湯のなかにふわふわたたずんでみたかったりするかたにはおすすめです。・・・夏が終わるまでにアップできてよかった!

新潟県・栃尾又温泉「自在館」 ☎025(795)2211 www.jizaikan.jp/index.html (貸切露天風呂があったり、24時間お風呂に入れたりします)

            「宝厳堂」 ☎025(795)2216

 www.ho-gan-do.com/reserve.html (地元の野菜たっぷりの料理が充実してたり、オシャレな和の空間が素敵だったり)

関越道小出インターから25分くらい。もしくはJR小出駅からバスで30分少々。新幹線の浦佐駅からもバスが出ています。

 

 

 

 

 

 

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2016 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.