美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
インナービューティ 編集部ブログ
2016.02.24

40代の不調はたいてい「胃」のせい!

病院へ行くほどでもないけど、スッキリしない、やる気もでない……。度々起こるプチ不調。健康にも気をつかっているのに、どうして?とお悩みの方も多いのでは。実は、私たちが意識せずに酷使してしまっている〝胃〞が原因かも。胃にイ~生活で改善しましょう♪

イラスト/高橋ユウ 取材/半田典子

イライラ、疲れ、乾燥……
その悩み、全部「胃」の不調が原因です

 

 

[すぐにイライラする]

「刺激物や甘い物の食べすぎ、過度なストレスなどがかかると胃の中に熱がこもり気血の流れが滞るためイライラ、怒りっぽい状態が生じます(川辺さん)」。「食べすぎや食事の質が悪い人が多く、そのような人たちは胃の消化や排泄が上手くいかず、常に胃が重く体がどよ~んと不快症状に。ちょっとしたことでイライラしがちに」(蓮水さん)。

 

[疲れやすくてだるい]

「暴飲暴食や過労、ストレスなどが原因で気が作られるとされている胃の消化吸収力が低下すると、食べたり飲んだりしたものを効率よく〝気=エネルギー〟に変えることができなくなるのです。気は人が活動するための重要なエネルギー源です。この気の量が不足すると、体がだるい、疲れやすいといった症状が出やすくなるのです」(川辺さん)。

 

[肌が荒れたり、乾燥がひどい]

「胃の機能が低下すると、全身に栄養が巡らなくなり肌荒れを起こし、また十分な水分補給ができないため、どんな高級コスメを使ってもなかなか乾燥が治らないという症状に。慢性になればなるほど、胃の働きは無視できないのです。胃が乾いていては体に熱がこもるばかりか、肌に潤いをもたらすことができません」(川辺さん)。

 

[下っ腹がポッコリしている]

「このタイプは胃が弱く、小麦粉を使ったフワフワのパンや野菜スープ、鍋物などやわらかい物が大好き。胃の力が弱くなると噛まずに食べられるものに偏って、さらに胃が弱くなるのです。ずん胴で下腹ポッコリなうえに、顔も垂れてバストも垂れるといった状況に。人間関係にひとりでクヨクヨ悩むタイプに多いんです」(蓮水さん)。

 

[唇が乾燥する]

「乾燥する時季ですが、季節を問わずにリップクリームでケアしても唇の乾燥が治らないという人も多いようです。唇には、胃腸などの消化器の状態が表れるといわれ、暴飲暴食などで胃腸が弱っていると唇が荒れやすくなるのです。口角が赤く切れるといった症状は、脂肪過多か胃壁が荒れているので、胃を休めましょう」(古尾谷さん)。

 

[髪が薄くなってきた]

「胃の働きが弱ると、各臓器への血の巡りが鈍くなり頭皮への血液循環も悪くなることで、毛髪の育成にも影響がでてきます。胃の働きが衰えることで、摂取した栄養成分がしっかり取り入れられなくなり、毛髪に栄養素の配分が行われなくなってしまうのです」(川辺さん)。

 

次のページでは改善方法をご紹介!

 

1 / 3

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2016 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.