美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
2016.03.17

【最終回】頑張りすぎはイタい人。メーク感をなくすのがメークの最終目標です

メークが大好きだから、
とにかく頑張っていたのですが、
そもそもの「自分をキレイに見せる」
という目的のためには
引き算して素を生かすほうが
効果的だったなんて!

チークのナチュラル感を生かすため、ポイントメークも色はまったく感じさせず軽やかに仕上げた藤原メーク。「いかにもメークしました」感はゼロだからこそ、ナチュラルで健康的です。深山さんも、「“怖い、とっつきにくい”と言われていましたが、自分が見ても可愛くて感激です。メークは大好きだけど、これからは濃い色に頼りすぎず、“メークが可愛い”というより“素顔が可愛い”を目指して頑張ります」。

 

 

 
チークは使う量も面積も控えめに。
自然な血色に見えるように引き算しないと!


藤原:このチーク、可愛いでしょ?若いコみたいに真ん丸に入れてるのに「ぼかし」がないのよ

【藤原メーク】素顔の可愛さが生かされ、同じ表情なのに、親しみやすい笑顔に見えます。濃い色を重ねてメーク感を出しすぎないことが大切。
【いつものメーク】濃すぎでもともとの印象は消され、近寄りがたいギャルっぽい印象に。
【素顔】童顔で可愛い顔立ち。

 

美ST世代のまつ毛を救う名作藤原美智子さん 私の「美容」流行通信
短くてまばらなまつ毛も美しくカールでき、しっかり上げられる「プロフマスター アイラッシュカーラー」(TWEEZERMAN)。この後にマスカラをのせると若々しい目元に。

 

2 / 2
totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.