美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル BEAUTY CLIP
2016.07.27

ダイエットの敵は「ごはん」じゃなくて「考え方」でした

どれだけ「やせる技術」を学んでも体型が変わらない人っているんです。その原因は「考え方」。大西結花さんも目からうろこ、長年の思い込みを解放させることで太らない体を手に入れられますよ。

ヘア・メーク/福間友香(VANITES)〈大西さん分〉、大山なをみ〈奥田さん分〉 スタイリスト/吉田あかね〈大西さん分〉 取材/金子美智子

 

 

 

やせられない原因は「予測食べ」と「つき合い食べ」です

 

大西さん(以下敬称略) 30代半ばごろからですが、体重が増加したときに楽に戻せなくなり、その分がじわじわと蓄積しているような気がします。年齢のせいにしてはいけないと思いますが、代謝が落ちたのかな。あと4㎏くらいやせたいですが、なかなか。

奥田先生(以下敬称略) 普段の食生活はどうですか。

大西 先生、それが、私は休みで家にいるときはお腹が空くまで食べるのを忘れているし、腹八分目で終わるほうが気持ちいいんですが、仕事場に行くと食事の時間が限られ、しかもいつ食べられるか現場の場所や流れにより不安定ということもあり、チャンスが訪れたときに「今食べておかないと!」と、お腹が空いていないのに食べているんです。そんな食生活を現場では16歳からしているので、空腹=怖いという感覚。

奥田 なるほど。それは〝予測食べ〟と言って、お腹は空いていないけれど先々を心配して食べておく行為。機転がきく人ほどしてしまう傾向に。でもお腹が空いていないのに食べると、まだ残っている燃焼していないカロリーが余剰分として蓄積され脂肪になってしまいます。

大西 男性も多い仕事場なので、そのとき支給されるメニューが焼肉弁当やから揚げ弁当など高カロリー食が多く、ロケ先では近くにあったお店に入るので体が欲しているものばかりを選べるとは限らず、ヘルシーさには欠けるかもしれません。

奥田 お腹が空くまで食べないことは、その後食べる食事を美味しくする一番のスパイス。そして余剰カロリーを溜め込まず体を労わることになります。腹八分目が心地いいのは、本来人間に備わった健康でスリムな人に共通する感覚です。誰でも子供のころは自然にそうしているはず。空腹=楽しみで、空腹でもないのに食べることが苦痛になります。

大西 美味しいものを食べるのが好きで、女子会やランチの計画も楽しみ。そういうときは、もういらないかなと胃が感じていてもシェアした料理を最後までいただきます。旅行では食が楽しみ。旅館で出されるたっぷりの朝食もお腹いっぱい食べ、観光で美味しいものを見つけては周囲に合わせてまた食べ……。

奥田 大西さんの普段の食事は健康でスリムな方がしている食べ方。食への執着がないのですが、誰かと食事をするときに気を使ったり、場の空気を読んだりする場合に健康でスリムな食べ方から外れてしまうみたいですね。それは〝つき合い食べ〟といいます。〝美味しいものが好き〟から〝健康な体を作るために食べる〟に意識を発展させましょう。お腹いっぱいなのに余剰カロリーを取り込むことは、本当に美味しいと感じにくいだけでなく、長い目で見て健康を害す恐れがあり、楽しい食事からも結果的には遠ざかり、気持ちと体を痛めつけていることに。周囲にお腹が空くまで食べない意思表示をしたり、一口食べて残す、持ち帰るのは悪いことではありません。無理強いする人がいたら、本当の友達ではありませんしね。

大西 確かに。お酒を飲めない人にお酒をすすめないのと一緒で、健康に食べるためには「自分基準」でいいんですね!

 

 

 

大西結花さん
女優
16歳からアイドル、女優、歌手として活躍し、「スケバン刑事Ⅲ」を始め多数のドラマ、舞台、映画に出演。2012年、17歳年下のご主人と結婚。温泉ソムリエA級ライセンスを持ちバラエティ番組など幅広く出演中。

 

奥田弘美先生
精神科医
山口大学医学部卒業。精神科医、産業医として20カ所以上の企業で心身のトータルケアを行う他、都内クリニックではストレスケアやダイエットをテーマにカウンセリングを実施。著書も多数執筆。『思い込みから解放されたらするっとやせて20年リバウンド知らず! 精神科医の脳ダイエット』(¥1,200 /主婦の友社)

 

 

 


 

 

【太る考え方 1 】

お腹が鳴ったら? 次いつ食べられる?
……お腹が空くのが怖い!

   ↓

【やせる考え方】

空腹は最高の調味料です

〝お腹が空くのが楽しみ〟

 

空腹を恐れて、まだお腹が空いていないのに次の食事をすれば、まだ燃焼していない余剰分のカロリーが蓄積するのは当たり前。空腹でも人間は、しばらくは動けるようにカラダができています。空腹こそ次の食事を美味しくさせ、空腹こそやせる絶好のチャンスであることを楽しむ思考にチェンジしましょう。もし食べすぎたときも、この習慣が身につけば自然に空腹が訪れるまで食べなくなるので太りません。

 

 

 

 

【太る考え方 2 】

旅行や友人と一緒だとついつい食べすぎ
……食べるのって楽しい

   ↓

【やせる考え方】

他人より自分の体に合わせた食事を

〝健康的な体を作るために食べよう〟

 

他人に気を使うことも、場の空気を読むこともいいことですが、食事は自分の健康を守るために食べるものだから、他人ではなく自分の胃に聞いて決めていいんです。そうすれば、本当に食べたいものを食べ、食べなくていいものは食べないというストレスフリーな食生活が手に入ります。その結果、ムダなカロリーを溜め込むことはなくなり太らないサイクルへ。食へのストレスは意外と自分で作っていたと気づきます。

 

 

 

 

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2016 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.