美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル BEAUTY CLIP
2016.08.03

心筋梗塞、認知症…まさかの時に備える「おうちで健康診断」
その2

忙しさにかまけて健康診断に行くのをおろそかにしていませんか? 美ST世代は体に不調が出やすい年代。病院に行く時間がなくても、気になる症状は自宅でも簡単に調べられます。そのセルフ診断法をメディアで話題の森田 豊先生が特別に教えてくださいました。今回はその第二弾。今すぐ家族で試してみて。

撮影/山辺恵美子 ヘア・メーク/伊藤佳奈(Bliss) 取材/竹下順子、屋宜加奈子

 

 

病気は早期発見が何より大事。今すぐチェックしてみましょう

 

病気には明らかな症状が出ないものがあります。また、めまいや頭痛、目のかすみなど、忙しさの中で見逃してしまうサインも。40代はさまざまな病気のリスクが上がり始める時期。医療機関の健康診断を受けるのはもちろんですが、自宅でできる健康チェックを活用して早期発見を心がけましょう。今回紹介するチェックテストは実際に医療の現場で使われているものや、医学的なデータをベースに簡略化したものが中心です。どれも自宅で試すことができるので、ぜひトライしてみてください。日頃から自分の健康状態を把握しておくことで大きな病気のリスクを回避できます。

 

 

教えてくれたのは……
医師・医療ジャーナリスト 森田 豊先生
東京大学大学院を卒業、米国ハーバード大学医学部専任講師を歴任。現役医師として医業の傍ら、テレビ、ラジオ、雑誌はじめ各メディアで活躍中。

 

 

 


 

 

風邪やインフルエンザが原因で発症することも

髄膜炎

 

この病とは…

主に細菌やウイルスが脳と脊髄を覆う髄膜に感染して発症。激しい頭痛や発熱を伴い、早急に治療が必要です。

 

 

このテストで何がわかる?

髄膜を直接刺激する2種類の動作を行うことで、髄膜炎の症状の1つである髄膜刺激徴候が確認できます。

 

 

 

【TEST1】
被験者が仰向けになり、パートナーが股関節を90度、膝関節も90度に曲げます。膝を支え、かかとに手を添え膝関節を伸ばして。片足でも、痛みや抵抗で135度以上伸びなければ、要注意。

 

 

 

 


 

 

【TEST2】
仰向けになった被験者の頭部をパートナーがしっかりと手で支え、ゆっくりとあごの下が胸元につくように曲げていきます。その途中で頭痛や抵抗があれば赤信号。発熱や嘔吐などの症状もあればすぐに病院へ。

 

 

 

 

\少しでも痛みがあればストップ/

 

 

 

 

 次のページで「心筋梗塞」のチェック!

 

 

1 / 3

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2016 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.