美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
メーク BEAUTY CLIP
2016.09.14

女優メークの達人・重見幸江さんの「ファンデ10%」メーク

肌トラブルが増えるたび、ファンデの量が増えるお年頃。でも、実はそれ、逆効果だったんです。ファンデを少なくすればするほど、肌は輝きを増していく。数々の女優から絶大な支持を集める重見幸江さんの「最少ファンデで最大キレイテク」なら-5歳が叶います。

撮影/八木 淳(SIGNO・人物)、河野 望(静物) モデル/前田ゆか ヘア・メーク/重見幸江(gem) スタイリスト/櫻井聖子(aloha dog) 取材/井口智恵

 

 

 

\使用量は通常の1/10!/

 

 

ファンデはできる限り塗らないことが若さの秘訣

透け感を重視する今のメークの要は素肌の美しさを引き出すこと。ファンデは全面に塗るとのっぺりしてしまうし、厚く重ねると崩れやすく、直すのも大変で結果的にキレイを損ねてしまうんです。目安は適量といわれるパール粒2個分の10分の1程度がベスト。スキンケアで肌コンディションをしっかり整えれば、ファンデはツヤを纏うヴェールに。顔の中心部分にごく薄く馴染ませるだけでキレイに見えますよ。

 

 

教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 重見幸江さん

1988年に資生堂に入社し、多数のCM、広告を手掛け、'04年に独立。'06年よりgemを主宰。本誌の表紙も数多く担当。今や多くのモデル、女優さんから引っ張りだこです。

 

 

 


 

 

スキンケアさえきちんとしてれば塗るのはココだけでOK!

 

 

<POINT 1>

くすみがないからファンデは塗りません。色ムラやくすみ、シミなどが少ない額にファンデは不要。スキンケアで潤すことで、シワさえも目立たなく。

 

<POINT 2>

ファンデを塗るのはツヤ増しのため。顔の中心の三角ゾーンだけにファンデを塗布。ここを磨き上げると、視覚効果倍増。肌は美しさを放ちます。

 

<POINT 3>

薄く薄く伸ばすのがキレイに見えるコツ。頰下はファンデを塗った部分の境目を筆で馴染ませるだけでOK。薄く伸ばせば自然な仕上がりに。

 

 

 

 

 ファンデ10%を叶えるスキンケアの仕方って?

 

 

1 / 2

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2016 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.