美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
メーク BEAUTY CLIP
2016.12.30

岡野瑞恵さんに教わる、40代の「色っぽメーク」には赤をひとさし

この秋冬、赤がメークのキーワードで、完売するリップやアイシャドウも続出するほどの人気。とはいえ、40代に赤は難しそう? でも大丈夫! 質感や色合い、入れ方さえマスターすれば、ひとさしプラスするだけでほんのり色っぽく、驚くほど素敵に仕上がるんです。

撮影/八木 淳(SIGNO、人物)、金子吉輝(静物) モデル/塚本まり子 ヘア・メーク/岡野瑞恵 スタイリスト/浜松あゆみ 取材・イラスト/奥原京子

 

 

旬を先取り! の表紙の岡野メークをまりりで再現しました

 

 

赤リップもレンガ色ならノーブルな美しさが際立ちます

口紅以外はヌーディなツヤ肌メーク。菅野さんの赤い唇から嫌みのない女性らしさが漂います。 

 

 

\表紙もまりりもメークを担当したのはこの人!/

ヘアメークアップアーティスト 岡野瑞恵さん(46歳)
鋭い美的感覚に基づいた〝その人の持つ美しさ〟を引き出すメークで多くの女優の支持を集め、雑誌やテレビ、CMなどで幅広く活躍。美STの表紙も数多く担当。初のメーク本『大人のMakeBook 』(ワニブックス)も話題。

 

〝色を足したらツヤを引く〞が大人の赤メークの鉄則

40代は赤い口紅は苦手という方が多いですが、赤は表情を元気に見せつつ、洗練された色っぽさも醸し出せるので、本当は大人の心強い味方です。ただし選び方にコツがあります。グロッシーな真紅の口紅は、そのツヤに負けないハリのある20代の肌だからこそ映えるもの。40代が同じものをつけると口紅のツヤが悪目立ちして、ハリのない肌が一層強調されてしまいます。つまり大人メークの赤は、口紅でもアイシャドウでもツヤツヤしすぎないマット寄りの質感が重要。そしてレンガ色やバーガンディといった落ち着きのある上品な色合いの赤なら唇や目元が浮いて見えません。赤系コスメが豊作の今年だからこそ、あなたに似合う赤がきっと見つかりますよ。

 

 

●40代に赤が効く理由

□くすんだ顔色が明るく健康的な印象に

□やせた目元や唇にふっくらハリが蘇る

□落ち着いた華やかさが上品で優しい

 

 

 

 

 メークの仕方は?

 

1 / 2
totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.