美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル BEAUTY CLIP
2017.03.13

フルーツさえ食べてればキレイになれる?!

現代人に不足しているといわれる、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含むフルーツは、美肌、美腸のほかにも女性にうれしい作用がいっぱい。スーパーフルーターの中野瑞樹さんが、その魅力をナビゲート!

撮影/小林愛香 フードコーディネーター/タカハシユキ スタイリング/中村弘子 取材/伊藤由起

 

 

フルーツに関する私たちの「常識」は間違ってる!?

 

 

 

Q. 甘いフルーツは太りやすい?

A. フルーツはむしろ低カロリーで太りにくい食品です

ほとんどのフルーツは、83~90%が水分であり、糖分(果糖、ブドウ糖、ショ糖)は多くありません。例えば、板チョコ1枚のカロリーは、みかんなら約10個分、りんごなら約1.5個分に相当します。なんと、もやしといちごが同じカロリーです。つまり、フルーツは低カロリーで太りにくい食品なのです。

 

Q. 毎日食べる必要はないですよね?

A. 毎日200g以上のフルーツ摂取が推奨されています

国が推奨するフルーツの摂取量は1日200g以上ですが、日本人はその半分も食べておらず、先進国で最下位。中国、韓国、北朝鮮より少ないんです。また、フルーツをよく食べているのは高齢者なんです。世界では、フルーツは嗜好品ではなく必須食品であり、健康のために毎日しっかりフルーツを食べることは世界の常識です。

 

Q. 残留農薬が心配です

A. 洗って食べれば問題ありません

フルーツの生産現場では農薬について厳しい指導が行われ、農家は散布履歴書がないと出荷できません。農協や卸売市場では残留農薬試験が抜き打ちで実施されていますが、残留農薬が検出されること自体少なく、国が定める基準値を超えることなどまずありません。だから洗って食べれば全く問題なし。輸入柑橘は、長期輸送のため防カビ剤を使用することが多いので、よく洗い、皮をむいて食べましょう。

 

Q. 夜は控えたほうがいい?

A. 空腹時に食べる分には、いつ食べてもOKです

朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅などといわれますが、空腹時ならいつフルーツを食べても速やかに代謝されるため問題ありません。食後2.5時間以上たっていれば寝る前のフルーツもOK。適度な水分補給ができ、睡眠中の代謝に必要なビタミン・ミネラルも摂取でき、食物繊維が翌朝の便通をサポートしてくれます。

 

 

教えてくれたのは……スーパーフルーター 中野瑞樹さん
京都大学農学部卒、農学修士。元東京大学教員。国際フルーツ協会代表。2009年9月から、実験としてフルーツを中心とした果実だけの「フルーター」生活を続け、身をもってフルーツの真価を検証。フルーツの伝道師として活躍中。

 

 

 

1 / 2

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.