美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル BEAUTY CLIP
2017.05.26

味覚は10日で変えられる!

「何度ダイエットしてもリバウンドする」その原因は脳にあるんです。脳のクセを知ってうまくだませば美習慣が身に付き、無理せずダイエットにも成功するはず。それには味覚をまず変えることが近道かも。

撮影/吉田健一 取材/竹下順子 

 

 

太ってしまうのは食欲を刺激する食生活のせい!

 

 

そもそも太ってしまうのは脳の食欲中枢を刺激するアッパー系(油・糖・塩)中心の食生活のせい。ダイエットが必要な人が好んで食べているのが糖や脂肪、塩分の強いアッパー系の味。そのままでは無理に食事制限しても、続かずにリバウンドしてしまいます。食べ過ぎを過度なものにせず、腹八分目で満足できるようにするには味覚をダウナー系(うま味)に変えることが大事。薄味でうま味をしっかり味わえるように訓練すると、刺激的な糖や脂が少ない食事でも満足できるようになります。舌の表面にある「味蕾」は新陳代謝が活発で細胞で10日~12日間程度で入れ替わると言われています。だから、旨味の効いた食事を10日間続けるだけで、味が薄い料理を脳が美味しいと感じるようになるんです。この舌トレを楽しんで続けていけばリバウンドのないダイエットに成功できますよ。

 

教えてくれたのは……予防医学研究者 石川善樹先生 
東京大学医学部健康科学科卒。ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士号取得。著書に『ノーリバウンド・ダイエット』など。 

 

 

 


 

 

Step1 香りや食感を楽しむ

味覚情報のうち舌が感じるのは1割程度。あとの9割は鼻から伝わる香りや食感、見た目などの情報を総合して脳が味を判断します。ゆっくり呼吸して香りや食感をきちんと味わうと、より満足感を得やすくなります。

 

Step2 食事には20分以上かけて

「お腹がいっぱいになった」と脳の満腹中枢に指令が届くまで20分。だから食事は20分以上かけてゆっくり食べること。食べているうちに自然にお腹がいっぱいになり腹八分目に。よく噛むことで消化もよくなります。

 

Step3 食事の最後に出汁を飲む

最後にうま味が効いたものを食べるとダウナー系特有の深い充足感が得られます。特に味噌汁やお吸い物など、汁物で終えると少ない食事量でも満足感がアップ。その後の間食を抑える効果も期待できます。

 

Step4 お腹が空いたら昆布茶を

食事と食事の間にお腹が空いたら、間食の代わりに昆布茶を飲みましょう。間食を避けられるだけでなく、唾液の分泌を促し、脂や糖に慣れた舌を、うま味を味わえる舌に変えます。なるべく添加物の少ないものを。

 

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.