美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
インナービューティ BEAUTY CLIP
2017.06.07

熱くない、痛くない、面倒でない!「食べるお灸」って何?

自宅でできると人気のお灸、興味はあるけど、熱さや痛みが怖いとか時間がかかって面倒くさいとかツボがわからないとか、なかなかハードルが高いもの。そんなときにオススメなのが、世界初登場の「食べるお灸」! 食べるだけで体が温まり、代謝アップ、便秘解消、むくみ改善など、体の中からお灸の効果が得られると話題です。作り方も簡単でいつもの食事にプラスするだけ。ぜひお試しあれ。

撮影/楠 聖子、中林 香 ヘア・メーク/安並幸江 取材/西岡直美

 

 

体の中からお灸効果が得られ女性にいいことずくめです!

 

 

食べるお灸とはお灸で用いるもぐさの原料、よもぎを使ったおだんごのこと。入院中の祖父に「お灸をしてほしい」と言われたのですが、院内では施術をすることができないため、食べる形にしたんです。よもぎには末梢血管拡張作用があり、食べるだけでお灸同様、体が温まる効果があります。血流もよくなるので、代謝も上がり、便秘解消、むくみも改善するなど、女性に嬉しい効果もたくさん。アレンジも簡単なので毎日摂取してみてください。

 

教えてくれたのは……鍼灸師・栄養士 富塚さくら先生
「グラン治療院」(表参道、横浜)にて鍼灸の施術を行う傍ら、食べるだけで健康で綺麗になれる「漢方スウィーツ」の開発に取り組む。 

 

 

 

効果絶大!「食べるお灸」の作り方 

 

 

材料(30個分)

よもぎ粉…20g
白玉粉…60g
絹ごし豆腐…1/2丁

 

作り方

 

 

① よもぎ粉に水(小さじ1)を加えて戻し、軽く押さえて水気を切る。

 

 

 

② 白玉粉、豆腐を混ぜ合わせ練る。

 

 

 

③ 耳たぶ程度の柔らかさになったら、一口大に丸め、沸騰したお湯に入れる。

 

 

 

④ 浮き上がってきてから2~3分茹で、冷水に取る。

 

 

 

 キレイになれる「食べるお灸」レシピ教えます

 

1 / 4

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.