美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル BEAUTY CLIP
2017.10.11

白髪染めすると赤くなる問題の解決法って?

2カ月に1回から月1回へと白髪染めのペースが頻繁になると、髪の傷みだけでなく、髪色の変化も気になります。染めたときは透明感のあるアッシュ系ブラウンだったのに、気がついたらなんだか赤っぽい? 実は白髪と一緒に染めた黒髪は褪色すると赤みが残りやすいんです。しかも、元々髪が黒い人ほど赤い髪になりがち。白髪もイヤだけど、赤い髪もイヤ! どうすればいいのか調べてみました!

撮影/小林愛香 ヘア・メーク/遠藤康弘、七浦彩香(ともに_TREE) 取材/竹下順子 

 

 

\あなたも赤くなっていない?/

 

 

白髪に合わせて染めると赤い色が堆積してきます

カラー剤は赤・青・黄色の3原色でできています。白髪と黒髪が混在する40代のカラーは、白髪にしっかり色を入れるため、赤い基剤が多めに。しかも日本人の黒髪はメラニン色素が多く、このメラニン色素にも赤みが多いため、元の髪が黒い人ほど褪色すると赤が残りやすい。染めてすぐはキレイでも色落ちするとだんだん赤っぽい髪になるのはそのせい。リタッチするたびに赤い色素が堆積していきます。これを防ぐには、白髪にきっちり色を入れることだけを目指さず、染め方に工夫が必要。カラー後はマイルドな洗浄力のシャンプーで褪色を防ぐケアを。

 

教えてくれたのは……_TREEディレクター・店長 遠藤康弘さん

 

 

 

赤くならない白髪染めオーダー法①

白髪と黒髪をエリア別に染め分けて

 

 白髪の割合が1〜2割程度であれば、染め分けがオススメ。白髪と黒髪で違う染料を使い、黒髪が白髪用染料の影響を受けないようにします。

 

 

 

 頭頂部や顔まわりに多い白髪には、しっかり色が入るように赤みの強いオレンジ系のブラウンを使って染める。

 

 

 

 白髪のないところはアッシュ系ブラウンで染める。さらにローライトを入れると立体感が出て白髪が目立たない。

 

 

 

\仕上がりは?/

 染まり上がりは、白髪部分は明るめのブラウン、全体の8割を占める黒髪部分は透明感のあるブラウンに。これなら褪色しても全体に赤みが出ることが少なく、キレイな髪色が保ちやすい。

 

 

1 / 3
totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.