美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル BEAUTY CLIP
2017.10.20

女性ホルモンが減っていく世代。今、できることって何?

女性の肌を美しく保ち、血液や骨までも守っている女性ホルモン。確かに美と健康の守護神ですが、セックスや恋愛で増えるというのは間違い。活性がわずかに上がることはあっても、そう簡単に自力で増やすのは不可能なんです。減っていくのは仕方のない事実。ならば今、私たちができることって?

撮影/泉 健太 取材/竹下順子

 

 

今、私たちができること①

更年期以降は健康に気を付ける

 

 

 

エストロゲンが減少すると健康にもダメージ

よく言われるように、女性ホルモンは美と健康の守り神。エストロゲンの減少でまず体感として分かるのは、肌の水分保持力の低下やホットフラッシュなど更年期障害の症状。自覚しにくい影響としては、骨密度の低下や血圧、血中コレステロール値の上昇、気分の落ち込み、腟の乾燥や委縮、脳の認知機能への影響などが報告されています。低血圧だった人が更年期後、急に高血圧になるのもよくあること。今まで守られていた分、生活習慣病のリスクも上がるので、更年期以降はメタボな男性以上に食事や睡眠など生活習慣に気を付けることが大切です。

アクティビティアプリでカロリーや運動を自動的に記録してくれるアップルウォッチ。トレーニングなどの目標を達成するとリングが完成。日々の積み重ねで健康な習慣をサポートしてくれます。¥27,800~(アップル)

 

 

 

女性ホルモンの変動で起きるさまざまな症状

 

 

1 / 3
totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.