美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
インナービューティ BEAUTY CLIP
2018.04.04

「ホットベジラテ」なら、朝イチに飲んでも体を冷やさない!

NYのオーストラリアンカフェのレインボーラテがきっかけで話題になったベジラテ。植物性のミルクで作るノンカフェインのラテはヘルシーでインスタ映えすると人気。簡単に作れて美容効果もあるベジラテで体も心もほっこり。

 

 

作り方は?

鍋でアーモンドミルクを温める。温度は、熱くなりすぎないように注意。70℃くらいで、各材料を加え、ハンドブレンダーで泡立つまで撹拌する。

 

 

簡単&美味しい!
アーモンドミルクの作り方

 

 

① 生アーモンド1カップは多めの水に浸し一晩置いて人体に有害な酵素抑制物質を除去する(8時間以上)。ローストアーモンドでも可。

 

 

 

②ざるに上げて水洗いする。ミキサーに①のアーモンドと水3カップを入れ滑らかになるまで撹拌する。

 

 

 

③ 布巾(またはガーゼ)に入れて濾し、絞る(残りかすはクッキーやケーキに混ぜて使用できます)。

 

 

 

④ 甘い香りのアーモンドミルクの出来上がり。カシューナッツなど他のナッツでも同様に作れるのでお好みで。冷蔵庫で約3日間は保存可能。

 

 

 


 

 

さつまいもラテ

 

 

材料
さつまいも(茹でる)・・・80g
アーモンドミルク・・・200㎖
はちみつまたはメープルシロップ・・・適量
シナモンパウダー・・・少々

 

 

 


 

 

小松菜ラテ

 

 

材料
小松菜・・・2株
アーモンドミルク・・・200㎖
はちみつまたはデーツ(刻んだもの)・・・適量

 

 

 


 

 

マキベリーラテ

 

 

材料
マキベリー(粉末)・・・大さじ1弱
アーモンドミルク・・・200㎖
はちみつまたはデーツ・・・適量

 

 

 


 

 

かぼちゃラテ

 

 

材料
かぼちゃ(茹でた後に皮を取る)・・・80g(正味)
アーモンドミルク・・・200㎖
はちみつまたはメープルシロップ・・・適量

 

 

 


 

 

アーモンドミルクと野菜の相乗効果が生まれる飲み物

野菜の栄養の吸収を良くする成分がアーモンドミルクには含まれており、野菜にはないビタミンEやアミノ酸も一緒に摂れるので、ベジラテは栄養のバランス、吸収の両面でプラスに働く飲み物です。牛乳の乳脂肪は体につきやすいのですが、アーモンドミルクの脂質はオレイン酸で皮下脂肪をつきにくくし、血液をキレイにする脂肪分です。またアーモンドに含まれる若返りのビタミンEは強い抗酸化作用があり、血流を良くし、体を温める効果も。ビタミンCを多く含む野菜や果物はビタミンEと一緒に摂るとアンチエイジング効果、抗酸化作用がより高まるのでお勧めの組合わせです。ベジラテはアーモンドミルク以外に豆乳で作るのもイソフラボンが摂取できるのでお勧めです。

 

教えてくれたのは……管理栄養士 関口絢子さん
毎日続けられることをモットーに簡単、美味しい、お洒落、そして美容と健康に直結したレシピを発信。著書に『キレイになる!フェロモンレシピ』など。

 

 

 

2018年『美ST』3月号掲載 

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2018 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.