美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル BEAUTY CLIP
2018.05.28

肩凝り、腰痛、頭皮……その不調、「内臓が凝っているせい」でした

肩こりや首こり、不眠、腰痛など、繰り返す慢性不調に悩める美ST世代。日頃の疲れ? それともストレス? 筋トレでもマッサージでも改善されないこの不調、実は内臓の凝りのせいだったんです。体の仕組みを熟知した理学療法士が指南する簡単エクササイズなら、気になる不調が一気に解消できます!

 

 

 

 

\ストレッチに使うのはこの2つだけ!/

 

テニスボールに体重をかけるとちょうどいいポイント刺激に。バスタオルは程よく加圧するよう少し厚みのあるものが最適。

 

 

【肝臓】・・・不眠に効く!

 

横隔膜ストレッチで肝臓・脾臓の凝りが緩む

横隔膜を動かすことにより、肝臓・脾臓の凝りがほぐれて緩みます。肝臓・脾臓の機能が向上すると、全身の循環機能が改善され、不眠や睡眠障害を解消して快眠へと導きます。

 

 

 

三つ折りにしたバスタオルをみぞおちの裏側に当て、仰向けに。タオルの丸みの高い部分がS字カーブに当たるように調整。足は肩幅に開き、両腕を頭上に伸ばして。腕を伸ばすのが辛い人は組んでもOK。

 

 

 

 

肋骨を左右に大きく広げるイメージを意識しながら鼻から息をゆっくり吸って。これ以上吸えないくらい深く吸ったら今度は肋骨を床に沈めるように口から静かに息を吐き切る。同様に3分間繰り返す。

 

 

 


 

 

【腎臓】・・・腰痛&首凝りに効く!

 

●腰痛

股関節を調整して腎機能をアップ

腎臓の凝りと腰痛は密接な関係があります。股関節のエクササイズで内転筋が活性化すると、股関節を正しい位置に調整し、骨格的にも腰痛を改善。また、腎臓の凝りがほぐれることで内側からも腰痛を解消します。

 

 

 

足を肩幅より少し広めに開き、膝を伸ばしたまま、上体を右に倒しながら腰を左に入れ、右内ももの張りが感じられる程度に右のヒップをやや後ろへ引いて5秒。左右を2往復。

 

 

 

 

上体を倒したほうの手を脚の付け根に当て、後ろに押しながら腰を入れることで股関節を正しい位置と状態に整える。左右で内ももの張りが違う場合は骨盤がズレている可能性大。

 

 

 

●首凝り

腎臓の凝りをとれば痛みが和らぐ

全身の大部分の不調の原因ともいえる腎臓の凝り。そこを直に刺激してほぐすことで慢性的な不調や痛みの大半が解消します。特に、美ST世代に多い首凝り悩みには効果絶大。

 

 

 

 

正しい腎臓の位置は思いのほか上で、肋骨の一番下側の左右に分かれる部分の背中側、背骨をはさんだ左右が目安。直接刺激のため、凝りがあるとかなり痛みを感じることも。

 

 

 

 

腎臓の位置の下にテニスボールを2個当てて横たわり、丸めたタオルを胸から腹部に縦に置いて抱きかかえ、両腕で1分間軽く圧をかけて腎臓をほぐす。その間、ゆっくりと深呼吸して。

 

 

 


 

 

【小腸】・・・肩こりに効く!

 

股関節をほぐせば腸の凝りが解消!

腸の凝りは内臓全般に負担がかかり支障をきたします。腸をほぐすには直接下腹部を揉まずに股関節を鍛えることが重要。肩凝りをはじめ、股関節痛、腰痛にも効果てきめんです。

 

 

 

 

三つ折りにしたバスタオルを枕にして横向きに。下側の腕は前に、上側の腕は体に沿って置き、腸骨の後ろのくぼみにテニスボールを当てて、体重をかけて左右1分ずつ刺激する。

 

 

 

 

腸骨とは骨盤の一番上の部分で左右に広がる大きな骨のこと。そのやや後ろにあるくぼみにテニスボールを当てます。股関節痛や腰痛がある際は激痛を感じることも。

 

 

 


 

 

痛いところを揉んでもダメ。慢性の痛みや体調不良は内臓をほぐして根本解決

長引く慢性的な不調や体の痛みは改善へのアプローチが間違っているせいです。痛む箇所を直接刺激しても根本的な改善にはなりません。不調の元をたどると、内臓の凝りが大元の原因で、筋肉や骨格の不具合につながっていることがわかります。つまり、内臓の凝りをほぐすことが肝心なのです。まずは、1日に1.5ℓの水を摂って体内の水分を循環させ、全身の筋肉や骨格を緩めて整えやすくすることが大切。その後は下半身を中心に骨格を整えるエクササイズを念入りに。この行程だけでもかなり体が変わるはずです。そのうえで各自の不調に合わせて各部位を刺激するエクササイズを行って。どれも極めてシンプル、短時間でOK。約1カ月で確実に体の変化を実感できますよ。

 

 

教えてくれたのは……Medical 真骨ラボ 会長 大坪隆治さん
理学療法士として長年活躍。東洋・西洋両方の医学的見地から生み出した独自の治療理論と結果を出す施術が信頼を集める。

 

 

 


 

 

実はお水の飲み方がとても重要です

 

 

 

●目安は1日1.5ℓ

コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料以外に、お水を1日に1.5ℓ。常に体に水を補給して体内で循環させることが体調改善の第一歩。

 

●朝イチは1杯の白湯から

起き抜けの体はまず200~300㏄くらいの白湯か常温のお水を。睡眠中に失われた体内水分を補給して水循環を滞らせないように。

 

●ちょこちょこ飲みがベスト

日中は20分おきくらいにこまめに水分補給するのがオススメ。体に水分を補給しながら喉も常に潤うので、ウイルスの繁殖も予防。

 

●炭酸水もオススメ

冷え性の人は就寝前に1杯の炭酸水を。炭酸の働きで血中のCO2濃度が上昇し血流アップ。体が温められるのでぐっすり快眠に。

 

 

 

2018年『美ST』6月号掲載
撮影/中林 香 モデル/小林久美子(TEAM美魔女) ヘア・メーク/Sai スタイリスト/小西明日香 取材/森島千鶴子 イラスト/まるはま

 

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2018 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.