美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
インナービューティ BEAUTY CLIP
2018.09.26

首・ウエスト・お尻……部分的美女の究極パーツ美容

年齢を重ねるとあちこち老化するばかり、いいことは一つもないような気がして凹むけど、誰にでも一つは必ずあるはずの長所を徹底的に磨くとこんなにも綺麗になれるんです!あれもこれもは大変だから1パーツだけ。自分に自信が持てるようになることが大事なんです。

 

 

<首>

\実年齢47歳!赤ちゃんのようなまっさらな白鳥首/

 

 

 

パーツ美容術1
首は顔の一部だから同じスキンケアを

 

 

首の皮膚は薄いから顔以上に気を使って丁寧に優しく触ります。SK-Ⅱの美容乳液とシーラボのVCエッセンスローションは一年中使用。

 

 

 

パーツ美容術2
マシュマロクッションを低い枕として使用

 

 

最高に柔らかくて頭をのせるとかなり沈むニトリの「モチモチクッション」を愛用。気持ちよくて寝ても首にシワができません。

 

 

 

パーツ美容術3
首に負担をかける姿勢は絶対にしない

 

 

長時間下を向く姿勢は避けています。スマホも上に持ち、ソファで寛ぐときも首にシワが寄らない姿勢に。繰り返していたら無意識にできるように。

 

 

 

パーツ美容術4
シートパックは顔と首1枚ずつ

 

 

シートパックするときには首にももう一枚、2つに折ってクルッと一周させて使います。SK-Ⅱとアンプルールの美白パックを愛用。

 

 

 

パーツ美容術5
つば広バイザーと日傘で紫外線ダブルブロック

 

 

首に汗をかきやすく、落ちてしまったり痒くなるから首に日焼け止めを塗りません。代わりに、サンバイザー、サンバリアの日傘で完全防御。

 

 

 

パーツ美容術6
デコルテが開いた服は絶対に着ない

 

 

日焼け止めは塗らない代わりに、首を保護するため、首がつまった服をいつも着ています。乾燥せず、肌劣化もしません。服って結構大事。

 

 

 

パーツ美容術7
体の内側からも美白の努力を

 

 

首だけじゃなく全身白くなりたいので、シナール、君島十和子さんの美白サプリ、サンソリットのUVスティックゼリーで内側からも白さを追求。

 

 

 

教えてくれたのは……平井由美 47歳 美STライター
3カ月に一度は韓国に行く韓流好きライターで、韓国美容や韓国芸能事情に人一倍詳しい。一般人とは思えない透明感ある白さは韓流スター並み。

 

 


 

 

<ウエスト>

\あえて割らずにくびれを強調/ 

 

 

パーツ美容術1
一日6時間コルセットで締めて寸胴から脱却!

 

 

知り合いのドクターに肋骨の矯正になるからと勧められて愛用。2着サイズダウンして50㎝台サイズに。腹筋の萎縮を防ぐため着用時間は厳守を。

 

 

 

パーツ美容術2
レディなくびれには筋トレよりストレッチ

 

 

筋トレはオーバーワークにならないようやりすぎに注意。ゴツさのないウエストにはストレッチでむくみをとって代謝を上げることも大事。

 

 

 

パーツ美容術3
アプリで栄養を徹底管理。PFCバランスが重要

 

 

P:たんぱく質、F:脂質、C:炭水化物のバランスが体重管理のコツ。今は4:2:4のバランスで。My Fitness Palのアプリは入力も見やすさも便利。

 

 

 

パーツ美容術4
レッグレイズでまっ平の下腹を作り上げる

 

 

頭を下げるように角度をつけたベンチでレッグレイズをするのが日課。すぐゆるんでくる下腹引き締めには地道なトレーニングが必須です。

 

 

 

パーツ美容術5
食事は自炊が基本!夜勤の時もお弁当持参で

 

 

今日のお弁当はたんぱく質の多いギリシャヨーグルト、鶏むね肉と豆腐とひじきのハンバーグにビーンズ入りサラダ、五穀米とサケフレーク。

 

 

 

パーツ美容術6
できるだけ出すのが美ウエストキープのコツ

 

 

引き締まったお腹を保つためトレーニング中はもちろん、スイムウェアをビキニにするなどなるべくウエストを人目にさらすようにしています。

 

 

 

パーツ美容術7
朝起きてすぐの全方位ウエストチェックが習慣

 

 

便秘や塩分、水分摂取やアルコールなどくびれの敵はたくさん。毎朝のウエストチェックでその日のトレーニング方法や食事内容を決めます。

 

 

 

教えてくれたのは……松本麻衣子さん 40歳 看護師
看護師として働きながら通っているジムのコンテストがきっかけでボディメイクにのめり込み寸胴体型から美腹にチェンジ。

 

 

 


 

 

<お尻>

\40代からの尻トレでフィットネスエンジェル初代ファイナリストに/

 

 

パーツ美容術1
日々のお尻チェックで効果的な尻トレを

 

 

なるべく高い部分からプリッと丸みのあるヒップが理想。筋肉をキープするため、ほぼ毎日トレーニングをしています。美尻ポーズのチェックも。

 

 

 

パーツ美容術2
家事の間も電車の中でも片足上げで中臀筋トレ

 

 

お茶碗を洗ったり洗濯物を干しているときも常にバックキックでヒップの筋肉に刺激を入れます。たまのトレーニングより日々のエクササイズ。

 

 

 

パーツ美容術3
出せるお尻には生馬油やママバターで強力保湿を

 

 

お尻の保湿にはママバターとアルガンオイル、フィットネスビキニ女王の安井友梨さんオススメの横濱馬油商店の生馬油を使っています。

 

 

 

パーツ美容術4
ゴムバンドを持ち歩いていつでもトレーニングを

 

 

自宅や外出先でも隙間時間にトレーニング。ひざを開くクラムシェルはヒップから脚へのラインが整い、中臀筋後部を鍛えるのに効果的。

 

 

 

パーツ美容術5
愛読書は美尻ミューズ、岡部 友さんの尻トレ本

 

 

岡部さんはお尻トレーニングの師匠。尻トレはすべてのトレーニングの基本ということを教わりました。ヒップを鍛えると全身が整います。

 

 

 

パーツ美容術6
腸内環境のために豆乳ヨーグルトを手作り

 

 

ホエイ系のプロテインを摂取しているので乳製品は控えめに。豆乳パックにケフィアの種菌を入れて2日放置して植物性ヨーグルトを自作。

 

 

 

パーツ美容術7
プロテインは単体でなく補助サプリも込みで

 

 

プロテインとHMBサプリを一緒に摂取。筋肉を追い込む体作りをサポートしてくれます。より高みを目指すため、大人は賢い筋肉作りが不可欠。

 

 

 

教えてくれたのは……佐藤弥生さん 45歳 プロチアリーダー
現役プロチアリーダーとして活躍中。チアの衣装を着こなすために垂れたお尻をなんとかしようと始めた尻トレにハマって美ヒップ大会に出場するまでに。

 

 

 

 

2018年『美ST』9月号掲載
撮影/大瀬智和、城 健太〈Vale.〉 ヘア・メーク/Sai、大山なをみ 取材/中田ゆき、佐藤理保子 

 

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2018 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.