美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
2019.03.04

【第3回】“回復力不足”にエスティ ローダーのローション

また猛暑がやってきますね。乗り切れるだろうか、という思いがひしひし。そんな時に強い味方になるのが、“とろシャバ”ブームを作ったこの化粧水です。化粧水はますます高機能になっていますが、化粧水には化粧水の任務がある、と思うんですよ。そこをきっちり果たしてくれながら、炎症やエイジングにも対応してくれる。“やりすぎない、シンプルな良さ”が、さすがです。

 

 

今週の悩み:回復力不足


「毎日ケア」なら
エスティ ローダーのマイクロ エッセンス ローション

 

 

 

“とろシャバ”の先駆け化粧水で、土台から立て直し、強い肌を取り戻す

 

 もうすぐ夏ですね。憂鬱です。何故かというと、夏は決まって肌が不調になるからです。去年の夏は、げっそりした肌に活を入れようと“濃い”化粧水を使ってみたら顔が痒いわ、真っ赤になるわ、大変でした。耐え切れず化粧水をチェンジ。ほどなく肌状態が好転したんです。それがエスティローダーの「マイクロ エッセンス ローション」。2014年1月31日発売以来、ヒットし続けている化粧水です。これがもう、しみじみとイイ!

 マイクロ エッセンス ローションの面白い点は2点あります。まず、自然界の「極限環境微生物」の組成をヒントに開発されたこと。“え、微生物が配合されてるの?”と一瞬思った方、違いますよ~。この微生物は「放射線に耐える奇妙な果実」という意味の学名を持つほど強力なDNA修復機能があり、火山の噴火口、南極の氷の中、乾燥した砂漠、酸素の薄い高山など過酷な自然環境の中でも生き抜けます。何でできているかというと、ミネラル(マグネシウム、カルシウム、鉄)とペプチド(アミノ酸)。この組成バランスを保持することで自身の細胞を守り、ダメージを修復し、細胞を復元できます。マイクロ エッセンス ローションは、自然界の神秘的な組成を模倣して、科学的に再現する、という発想で作られているのです。

 もう一つは、ミネラルとペプチドに発酵液(ビフィズス菌/乳酸桿菌)をプラスしていること。これが独自成分「マイクロニュートリエント バイオ ファーメント」です。そういえば、ここ最近、乳酸菌が注目されていますよね。実はエスティ ローダーのアイコン美容液「アドバンス ナイト リペア」にも1982年登場時からビフィズス菌発酵エキスが配合されているんですよ。今回は、肌細胞の表面に存在しているたんぱく質・トール様受容体に着目。トール様(と呼ぶ)は免疫作用を作動させる司令塔の役割を担っており、「マイクロニュートリエント バイオ ファーメント」の2種の発酵成分をトール様が認識すると、DNAに信号が送られて自然免疫が作動し、なおかつ、エイジングに抗うシグナルも送ってくれるんです。1990年代後半から発酵を専門に研究しているチームが、一般的に400種類ほどあると言われる乳酸菌の中からトール様が最良の反応をする2種を選び、4年ほどかけて黄金比のブレンドを発見。それによって、①バリア機能、②潤い保持、③抗炎症、④肌エネルギー機能、に関連する遺伝子を活性化させるのです。

 ここまで知って、私は昨年夏、炎症を起こした肌が元に戻ったことに深く納得しました。この化粧水は、肌本来が持つ力を作動させて、再生力と抵抗力をつけ、肌を回復してくれます。もちろんより機能を高めるサポート成分もきちんと入っているのですが、入れることばかりを考えた製品ではない、という成り立ちが興味深いです。最初に書いたように美容液ばりの“濃い”化粧水も多いなか、私はこの化粧水の“高機能だけど、化粧水としてやりすぎない”ところがとても好きです。エスティ ローダーはアジア女性の肌を長年研究し続けるなかで、日本産ブランドの優秀な化粧水に対してのリスペクトとともに、化粧水で日本女性に認められたい、という思いを持ったそうです。高機能ながら、日本人の“水でうるおしたい”という気持ちを大事にしたことで、“とろシャバ”という一世風靡したテクスチャーも生まれました。化粧水の枠からは出ない、でもシンプルに最大限の働きをする、そんな美徳をこの化粧水から感じます。

 

 

\使い切ってます♡/

 

使うと肌がホッとするのが分かる。数本ある化粧水の中で登板数No.1。敏感肌用とはうたってないけれど、ゆらぎ肌に効果あると実感。150mL ¥11,500(エスティ ローダー)

 

27年間ビューティ担当・編集I

 

 

 

***

 

 

加齢とともに肌の回復が遅くなる原因は?

 

日本人を含むアジア女性は角層が薄いため、バリア機能がもともと弱く水分保持しにくい、と言われる。加齢により細胞の活動が衰える(トール様受容体も衰える)と、免疫機能も働きにくくなってダメージを受けやすくなる。その結果、炎症を起こして肌エネルギーが炎症治癒に注がれてしまい、肌本来の機能を発揮できなくなるため、肌回復が遅くなり、エイジングが進む。

 

 

 

***

 

 

\さらに救急ケアを考えた/

オーバーワークな肌を回復させる使い勝手も効き目もいいシンプルマスク

 

例えば、明朝まで肌を回復したい時、不用意に日差しを浴びすぎてしまった時、シートマスクを使います。シートマスク界も、上下分かれていたり、ホイルだったり多様化していますが、この「マイクロ エッセンス マスク」は1枚の厚みがあるハイドロスパンコットン。つけたいときに手早くつけられます。実はこの“手軽”というのがとても大事、特に日焼けした自覚がある夜やお風呂上がりは一刻も早くつけたいから。もちろん手軽さだけでなく、効果も絶大です。マイクロ エッセンス ローションの成分をそのままマスクにしたものですが、「マイクロ ニュートリエント バイオ ファーメント」がローションの2倍配合されています。10分間経って肌を触ると、乾燥していた肌は触ると吸い付くような水分を感じ、ほてっていた肌はひんやりと落ち着きます。もちろん液だれなしのテクスチャー。マスク1枚に、最先端科学と細心の配慮がなされた利便性が詰まっているのです。

 

 

 

洗顔後に、目の周りを避けて顔全体に広げ10分ほど。週2 回が目安。私はマスクをした日はローションなしでも大丈夫なくらい。マイクロ エッセンス マスク20mL × 6 枚 ¥8,000(エスティ ローダー)

 

 

 

 

2018年『美ST』8月号掲載
撮影/河野 望 文/編集Ⅰ

 

totop
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2019 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.