美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
メーク BEAUTY CLIP
2019.04.06

大草直子さんが教えます!40代の「春服を着こなすため」の美容法<前篇>

全身の中で占める面積のバランスを考えると、ヘアメークはファッションとリンクさせることも大切。それぞれの足りないところを補いながら、バランスの良いスタイルを目指すと全身で輝けること間違いなし! 

 

 

「私の好きな服は色白じゃ似合わない」。
一年中日焼け肌を美しく見せるメークアイテムを吟味しています

 

メークはリップ以外は強い色を使わず、その時々の肌のトーンを綺麗に見せてくれるものを厳選。そばかすも隠す必要ないと考えているのでコンシーラーは使いません。それよりもrmsのルミナイザーで肌にツヤを与えることを重視。

A.自然で太めの眉が自在に。スック バランシングアイブロウ02¥6,500(SUQQU)B.顔だけでなくデコルテや肩などマルチに使えるハイライター。ルミナイザークワッド¥6,200(rms beauty/アルファネット)C.肌色をナチュラルにトーンアップしてくれるので、化粧下地として愛用しています。アスタリフト D-UVクリアホワイトソリューション¥3,900(富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー)D.日焼け肌に合うトーンが絶妙。ミネラルエッセンスモイスト¥5,800(MiMC/アルファネット)E.コシがある眉に絡みやすい毛質。ふんわりぼかすのも簡単です。アディクション アイブロウブラシ¥3,500(アディクション ビューティー)F.色黒肌でも浮かない抜群のバランスのワインレッドのチーク。THREE エピックミニダッシュ 07¥3,000(THREE)

 

 

***

 

「赤リップは大人の楽しみ」。カジュアルには朱赤、リゾートには赤茶でヘルシーに

 

リップは赤が定番の大草さん。ベーシックなアイテムには鮮やかな朱赤系、ヴィヴィッドカラーには赤茶と使い分け。ツヤがあると盛りすぎの印象になってしまうのでマットなタイプを。季節によって変えることも意識。

 

 

リップと靴の赤をリンクさせて

 

ジャケット¥69,000 ※3月中旬発売予定(イネス ド ラ フレサンジュ/新宿髙島屋シーズンスタイルラボ)デニムはマウジー、フラットシューズはプリティ・バレリーナ、バッグはエトロ。ロングのコインネックレスはパリで購入したもの。

 

 

ベーシックスタイルを女らしくしてくれる朱赤。ルージュ ドゥ アルマーニ マット400 ¥4,200(ジョルジオ アルマーニ ビューティ)

 

 

 

リゾートでは赤のリップをアクセサリー感覚で

 

大好きなビーチリゾートではメークも服も色を楽しむスタイルで。ワンピースはエストネーションで購入したスタウド、バッグはサンローラン、サンダルはヴァレンティノ、左腕の太バングルはティファニー、細いものはエルメス。

 

 

ヴィヴィッドカラーに負けない華やかさ。マットな仕上がりの赤茶色。クラッシュド リップ カラー16¥3,700(ボビイ ブラウン)

 

 

***

 

ヘアも黒の一部、全身のバランスで黒の分量を増減させます

 

ヘアは全身の「黒」の分量を調整する一つのアイテムと考えています。生活感が出てしまうパーツでもあるので手入れは入念に。もしも朝10分だけしか身支度の時間がなかったら、私はメークの完璧さよりもヘアに費やします。

 

 

ボリュームの赤ワンピはコンパクトなまとめ髪で

 

フリーダの赤ワンピースにドゥロワーのバッグ、サンダルはヴァレンティノ、ピアスはドゥーズィエム クラス、リングはザ レタリング。ボリュームのある赤のワンピースの時はヘアはコンパクトに。

 

 

①髪を結ぶ位置は高すぎると横顔の輪郭の黄金比が崩れてしまい、低すぎると老けて見えるので耳の真ん中くらいに。

 

 

②結んだ後は後頭部がペタッと見えないように髪を引き出します。毛先にはワックスをこするようにつけて遊ばせて。

 

 

 

左から、ややウエットな毛束感が欲しい時に。ジェミールフランスプレーSW【美容室限定品】 ¥1,600(ミルボン)、毛先には指でこすりあわせるようになじませて。ナカノスタイリングワックス3F ¥1,300(中野製薬株式会社)、アイロンをかける前後に。トリエスプレー10【ヘアサロン専売品】¥1,600(ルベル/タカラベルモント)香りが最高、スタイリング前にヘア全体になじませます。ウカ ヘアオイルミスト オン ザ ビーチ¥3,500(uka/Tokyo head office)

 

 

***

 

4:洋服の素材によって肌づくりを変えています

 

肌も服を着こなすためのアイテム。マットでざっくりしたニットのときはツヤ肌に、ツヤのあるとろみ素材の女らしいブラウスにはマット肌と、服の質感とは逆の肌を作りトゥーマッチを避けバランスを取るようにしています。

 

 

マットなニットにはツヤ肌で光を与えて

 

白のニットはリト。パールのネックレスはボン マジック、リングはマリハ。マットでざっくりとしたカジュアルなニットの時こそツヤ肌が必要。

 

 

石鹸でオフできるオーガニックなクッションファンデ。アクア・アクア オーガニッククッションコンパクトリフィル¥2,800ケース¥850(RED)

 

 

 

ツヤのあるブラウスにマット肌でお互いを引き立てて

 

ネイビーのブラウスはドゥロワー、ピアスはルーカスジャック、リングはパリで購入。首元が詰まったブラウスにはまとめヘアで顔まわりをスッキリと。

 

 

左/リフティング効果のあるメークアップベース。エレガンス パンプリフティングベース UV BE991¥5,000(エレガンス コスメティックス)右/dプログラム 薬用スキンケアファンデーション(リキッド)¥2,900(資生堂インターナショナル)

 

 

 

★大草直子さんが教えます!40代の「春服を着こなすため」の美容法<後篇>はここからチェック!

2019年『美ST』4月号掲載
撮影/須藤敬一 ヘア・メーク/Chisa(ROI) 取材/安西繁美 編集/佐久間朋子

 

totop
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2019 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.