美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
ライフスタイル BEAUTY CLIP
2019.04.26

平成時代をふり返り!令和時代、次に来るヘアスタイルは「くびれレイヤー」と「ラウンドボブ」!

ショートやボブが大流行し、ロング派はちょっと肩身が狭かった昨今ですが、その傾向にも変化の兆しが。ナチュラル、ヘルシー、抜け感、といった気分は継続したまま、フェミニンさが加わったスタイルの時代がきそうです。

 

 

平成のHair Style ヒストリー

 

●平成元年~

 

バブル絶頂時代は女度高めのゴージャスヘアが人気。外に外にアピールできる、目立ってなんぼのディテールが特徴。

 

 

●平成6年~

 

ヘアカラーが普及し、カリスマ美容師がブームに。スーパーモデル、ギャルブームと相まって茶髪とシャギーヘアが大流行しました。

 

 

●平成16年~

 

長引く不況や格差の不安感から婚活やモテがキーワードに。一家に1台アイロンが普及し、コテで縦巻きをする女性が大量発生。

 

 

●平成21年~

 

震災を機に、本当に必要なものは何かを見つめ直した時代。ふんわり空気感を感じる、ナチュラルでゆるいヘアスタイルが人気に。

 

 

●平成26年~

 

景気も少しは持ち直し、一周回ってバブル期の流行がリバイバル中。SNS発で流行が作られるようになり、一瞬で多くの人に広まります。

 

 


 

\令和時代の流行はこうなる!/

 

ロング派さんはくびれレイヤー

ロング派に多かったのがレイヤースタイル。顔まわりのニュアンスで小顔になり、印象も優しくなるのが支持された理由。伸ばし途中の人でも、こまめにサロン通いしなくていいことも人気の秘訣です。

 

 

ショート派さんはラウンドボブ

ショートやボブにしていた人たちからも、「また伸ばしたい!」という声が。スタイリングが難しくなる肩あたりの長さでも、ラウンドボブにしておけば旬なスタイルのまま伸ばせます。 

 

 

 

教えてくれたのは……ビューティトレンド研究 資生堂トップヘアメイクアップアーティスト・鈴木節子さん

 

 

 

2019年『美ST』6月号掲載
撮影/オノデラカズオ、相馬慎之介、小山奈那子 取材/中田ゆき、佐藤理保子 イラスト/カツヤマケイコ 編集/長谷川 智

 

totop
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2019 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.