美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
メーク BEAUTY CLIP
2019.05.06

イガリシノブさんが教えます!令和時代の新40代メーク

時代が変わればメークだって変わります。イガリシノブさんが令和の新40代メークを教えてくれました!

 

 

くすみが流行しているから40代のピンクは今がチャンス!

 

白浮きするようなピンクじゃなく、くすみに馴染むオシャレなピンクが出揃った今こそ、大人チャーミングにチャレンジ! ムラのない厚め肌に整えたら、目元と頰にくすみピンクを。唇はポップなコーラルピンクも可愛い。

 

 

How to make-up

 

BASE:ファンデと明るめコンシーラーのW使い。
EYE:Aを極薄く指塗りでアイホールをくすませたらBとCを混ぜて中央にポンと置く。Aをチップに取りアイライン代わりに上下のインサイドを囲んで。
CHEEK:Eを広めに塗って白さと透明感を出し、Dのくすみピンクを重ねて白みを補整。
LIP:サッと塗る程度でOK。

 

 

少量ベージュでプチコントゥア
左の色を眉下と眉頭下にのせて、明るめ肌を少しだけくすませます。NARS コントゥアーブラッシュ 5184 ¥4,600(NARS JAPAN)

 

 

\使ったのはコレ!/

A・B・C ブランド20周年でリニューアル。くすみとラメ感が絶妙。ルナソル ジェミネイトアイズ N 05 ¥5,000(カネボウ化粧品) D ふわりと頰に溶けセミマットに。パウダー ブラッシュ PK801 ¥5,000(コスメデコルテ) E クリアに発色。クリーム ブラッシュ PU150 ¥3,500(コスメデコルテ) エアリーな質感のマットリップ。デアリングリィディスティンクトリップスティック07 ¥3,900(THREE)

 

 


 

 

リップをふわふわマットにして顔全体の質感をアップデート

 

唇が目立ちすぎると重心が下がり平面的な印象に。各パーツを際立たせるには質感をコントロール! 目元はキラキラ、チークはさらさら。唇はマットだけどのっぺりしない質感=ふわふわマットにすればシャープな今旬顔に。

 

 

How to make-up

 

BASE:質感の違う2種のファンデで肌質コントロール。
EYE:Aをアイホール全体と下まぶたに指塗り。二重幅が広いなら同じ色を目尻にチップで濃く入れても。下まぶたのキワはCでキラキラに。
CHEEK:サラサラなマットチークを外から内に手で持ち上げ塗り。
LIP:ふわふわマットリップをジャストサイズに入れて。

 

 

チークに重ねて透明感UP
チークの上にのせて自然な血色と明度をプラス。フェイスパウダーは省略してOK。リタッチ プレスト パウダー 02 ¥6,500(SUQQU)

 

 

\使ったのはコレ!/

A 大人のくすみ肌にマッチ。ポイント使いも。ヴォランタリー アイズ 28 ¥2,000(セルヴォーク) B 頰の光沢を引き出すソフトマットなパウダーチーク。チーキーシークブラッシュ 12 ¥3,000(THREE) C 繊細なグリッターで目元に煌めきを。ドローイングペンシル G ゴールド 93 ¥2,400(シュウ ウエムラ) Dニュアンス発色が叶う茶赤のクレヨン。WHOMEEマットリップクレヨン L.L ¥1,500(Clue)

 

 

 

2019年『美ST』6月号掲載
撮影/菊地泰久(Vale.)〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 ヘア・メーク/イガリシノブ(BEAUTRIUM)、小田切ヒロ(LA DONNA) モデル/小畑由香里、松田樹里 スタイリスト/吉村結子 帽子制作/yokodoll 取材/大山真理子 編集/長谷川 智

 

totop
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2019 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.