美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
スキンケア BEAUTY CLIP
2019.06.03

ナチュラル志向派のシミを作らないための〝頑張らない〟共通点

日に焼けても、シミはいや。ナチュラル志向のモデル小畑由香里さん、神戸蘭子さん、美魔女のチダムバラム利美さん、読者からは堀切由美子さんがそれぞれのシミを作らない頑張らない美容法を教えてくれました。

 

 

ツヤのために保湿重視!プチプラシートマスクを頻繁に

 

▽モデル・小畑由香里さんはこのマスク

 

 

▽モデル・神戸蘭子さんはこのマスク

 

 

▽美魔女・チダムバラム利美さんはこのマスク

 

日焼けしちゃう前提のイエベさんは、事前も事後もしっかり肌を潤すことで、ダメージを最低限にしている人が多いみたい。基本は手軽に使えるドラッグストアやバラエティショップで買えるプチプラシートマスクを冷蔵庫にストック。神戸蘭子さんは湯船に浸かりながら。小畑由香里さんは韓国土産も積極的に使ってみるそう。ただし特別な日のために、SK-Ⅱやポーラのホワイトショットなど高級品もストックしているのが、イエベ派の抜かりのないところ!

 

 

 

肌が重いのキライ。やさし~軽めナチュラルUVで防御

 

肌の上にいくつも重ね塗りする皮膜感が苦手。特に日焼け止めはSPFが高いと時間が経つにつれ独特のツッパリ感が出てくるイメージが。アラフォー世代になって生肌で紫外線に晒されるほどの勇気はないからナチュラル系ブランドの優しいUVを。完全防御より、シミ予防やきれいに焼けることを目指します。左からママバター、アムリターラ、シンピュルテの日焼け止め。

 

 

 

「好きなブランドはキールズ」派が多し

 

▽美魔女・チダムバラム利美さんはこのセット

 

 

▽読者・堀切由美子さんはこのセット

 

オーガニック系だけじゃなく、アポセカリーコスメも好きなイエベさんが支持するのが、自然由来の成分を使っているのに最新テクノロジーも駆使するキールズ。シンプルなケア工程なのに保湿力が高いのだそう。オシャレなパッケージ、買いやすいファッションビルなどに併設された清潔感のある店舗も人気の秘密です。 

 

 

 

2019年『美ST』5月号掲載
撮影/真板由起〈NOSTY〉(人物)、清藤直樹(静物) ヘア・メーク/渡辺了仁〈Carillon〉(モデル分)、久保フユミ〈ROI〉 スタイリスト/坂野陽子〈f-me〉(モデル分) 取材/嶺村真由子

 

totop
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2019 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.