美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
2019.06.06

マッサージピールフリークがヴェルベットスキンメニューを体験。痛みは?効果は?

美容医療は更に身近になり、美容室感覚で通う人も多いはず。その分、施術メニューへの効果の期待度も上がっています。リピートしやすい価格、確実な効果、時短など、求められる要素が以前よりもハードルが上がるなか"これは!"とビューティエキスパートが唸るメニューが新登場。さっそく体験してみました。

 

 

スキンリファインクリニック広尾で新メニューのヴェルベットスキンをいち早く施術開始!

 

マッサージピール症例数1位のクリニックだからこそリピーターの仕上がりリクエストも他院とは比べものにならないほど高いとか。そんな患者さんたちは、すでにマッサージピールからヴェルベットスキンにもちろん移行中。某女優は「こんな簡単に8K対応肌になれるの!」と3回施術済み。

 

 


 

しっとりした艶や柔らかさは女にしかわからない。そんな肌がヴェルベットスキンです

 

体験したのは……会社役員・平田美枝子さん(40歳)

 

 

ニューダーマペンの滑りをよくするためにヒアルロン酸を肌状態を見極めながら。塗り麻酔のおかげで全く無痛。ニューダーマペンはツルピカ肌の土台造り!

 

 

 

「マッサージピールは施術者によって効果がまちまち。スキンリファイン広尾なら安心。未だに導入しない美容クリニックって大丈夫? って思っちゃいます」(平田さん)

 

 

 

マッサージピールの薬剤がより深く浸透するせいかリフトアップ効果も期待できます。「月2回できれば無敵ですね(笑)。レーザーや光治療では得られない満足度。顔がギューッと締まった感覚が何とも言えず心地よい」(平田さん)

 

 


 

美STで一番の慎重派スタッフもトライ。美容医療ビギナー的感想は?

 

「安定安心の橋本先生の施術。そしてこのヴェルベットスキンメニューの考案者は大阪の木下香里先生だとか。先生のオリジナルコスメを取り寄せて使っている読者も多いように、いつも“あったらいいな”メニューを考案してく美STにとって貴重な存在。独自の視点は尊敬に価します」(兵藤)

 

 

 

艶、ハリ、輝きが一瞬にして戻った兵藤。「最初は肌に穴を開けると聞いてビビりましたが無痛で終了し一安心。通常のマッサージピールよりも満足感は高いですね」

体験したのは……美STライター・兵藤美香(52歳)

 

 

 

私が施術しました

スキンリファインクリニック広尾 院長 橋本 聡先生
美STドクターグランプリ2018年2位受賞。昨年はビューティエキスパートの間でも「橋本チルドレン」という言葉が流行語に。橋本先生の技術力とセンスは、人一倍うるさい美STスタッフからも高評価。

 

スキンリファインクリニック広尾
港区南麻布5-15-27広尾リープレックスビズ9F ℡(フリーダイヤル)0120-440-138
ヴェルベットスキン¥40,000 導入メニューはトレンド感を常に意識。コラーゲンブースト注射、マッサージピール共に日本一の症例数。

 

 


 

 

最上級の美肌を手に入れたいならば、今年は迷わず「ヴェルベットスキン」です

 

ダーマペンは進化しましたがコンセプト自体は新しい商品ではありません。日本では水光注射が流行したことにより、単に穴を開けるという印象を与えたダーマペンは脇役的な存在でした。しかしながら、液漏れ、ダウンタイム、痛みの問題からか、いつしか水光注射ブームも下火に……。そんな折に初の本格的なピーリングブームの到来がミルクピールによりスタート。そして美STからスタートしたマッサージピールもすでに全国約800軒あまりで行われていますが、更なる満足度を模索していた時に、木下香里先生からダーマペンと一緒に行うとかなりの満足度よ! とお伺いし、試してみたところ、ずっと触っていたくなるヴェルベットのような肌になるではありませんか! という理由によりヴェルベットスキンと名付けました。マッサージピールを単独で行った効果を5とするならば、+ダーマペンは10の効果! ショッピングスレッド、マッサージピール、イリュージョン注射はこのページから旅立った言葉ですが、浸透していくうちにそんなことは忘れられて使われています。今回のヴェルベットスキンも、知らないうちに美容医療業界の現場に浸透してくれれば嬉しいです。美STから生まれたヴェルベットスキンが最強の美肌を表現する言葉となりますように。

 

 

 

2019年『美ST』4月号掲載
撮影/清水ちえみ デザイン/中山千絵 編集/小澤博子

 

totop
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2019 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.