美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
2017.04.21

これは名言!ビートたけしの浅田真央観が絶妙すぎる“毒舌”

citrus

 


ここcitrusでも、何度も何度も書いていることだけど、私は「ビートたけしと松本人志が言うことはなんだって正しい」と即断されてしまう思考停止的な風潮には、どうも“相乗り”できなかったりする。たけしもまっちゃんも、素晴らしい名言を残すときだってあれば、どうしようもない駄言をつい漏らしてしまうことだってある……。逆に言えば、炎上常連の坂上忍もオリラジ中田も、やはり「素晴らしい名言」を吐くことだってあるわけで、これらの“ご意見番枠発言”は有象無象すべてをひっくるめ、名前と先入観にとらわれず、フラットに吟味することが重要……だと思う。
 
で、今日私が取り上げたいのは、「客員編集長」としてビートたけしが東スポに語った「(浅田)真央のこれから」という記事であるが、これはゴメス的には「素晴らしい!」の部類に組みされる絶妙な“毒舌”だと絶賛したい。
 
とりあえずは文中の目に留まった箇所を抜粋してみよう。
 

(前略)でもさ、体操もそうだけど、フィギュアスケートってサーカスに近くなってきた。「何回転すると何点」ってのばっかりで、ジャンプに失敗することも多いから、ちょっと痛々しいよね。
(中略)引退会見を見たけど、この子、たいしたことは言ってないけど、しっかりしてるよ。子供のころから取材を受けてるからだろうね。はなからトップで活躍してきて、調子いいときもあるけど、結構、苦労してるから、ダメなときに「引退」とかいろいろ言われてさ。
(中略)これからはスポーツキャスターでやっていくしかないだろうけど、自分がやってきたフィギュアの解説ぐらいしかないだろうな。プロに転向して、ディズニー・オン・アイスとかに出ればカネになるんだろうけど……(中略)でもフィギュアスケートって、プロとアマチュアがよくわかんないね。現役引退してプロになるって、何だよって感じ。(中略)プロよりアマチュアの方がうまいって、どういうことだよ。

 
なにが「素晴らしい!」って、その温度感が素晴らしい。つい先日行われた浅田真央の引退会見に、日本中の多くの人々が涙した……みたいだが、正直なところ、私はそうでもなかった。「へぇ、引退しちゃうんだ…お疲れさまでした」程度の感慨しか受けなかった。また、ビートたけし同様「この子、たいしたことは言ってないけど、しっかりしてるなぁ」と、そこには感心した。
 
そりゃあ、浅田真央のフィギュアスケート界、いや、日本国への功績度の高さは重々理解しているつもりだ。外見にも人柄にも演技にも華があるのは間違いない。オリンピックで金メダルこそ獲れなかったものの、国民栄誉賞くらいは差し上げて然るべき……だとも考える。
 
が、「コイツで涙しなきゃ非国民」的な真央ちゃんファシズムに、私ら少数派の「あまりピンと来なかった」組を巻き込むのは、やめてほしい。だって、フィギュアスケートって、観ててもイマイチ面白くないんだもん。皆が皆、素人じゃあ良し悪しをジャッジできない、似たような回転ばっかくるくるやってて……もっと、風変わりな、トリッキーな動きをしてくれても、そして、それにもっと高い得点を付けてもいいんじゃないか? 「ノースリーブでエロい!」って目を凝らせば、なんか肌色のピタピタなコスチュームとか着てるし……。
 
あと、「プロよりアマチュアのほうがうまい」ってえのも、たしかに言われてみれば不思議な現象だったりする。まあ、これはフィギュアスケートにかぎった話ではないのだが、物事を下手に深く突き詰めず、暴言を吐くビートたけしの(東スポにおける)姿勢は、私もゼヒ見習っていきたい。
 

citrusでは【1000円分のAmazonギフト券】が当たるアンケートを実施中

ネットニュースパトローラー 山田ゴメス

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.