美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
2017.09.01

【働く女の「モテ道場」】合コンの「サラダとりわけ問題」から考える。仕事がデキる人と恋愛がデキる人の違い

citrus

 

男性の場合、「仕事がデキる=モテる」の構図が当てはまります。女性が結婚相手に求める条件の筆頭が「経済力」なので、それも当然。ただ、女性の場合、似ている部分はあっても、まったく違うところがあります。私は立ち上げた結婚相談所で、60~80%の成婚率を誇る現役婚活アドバイザーです。以前、異業種でバリバリのキャリアウーマンとして働く中、「世の中には仕事ができても恋愛のできない女性が多すぎる!」と感じ、結婚相談所にビジネスチャンスを見出しました。そんな私が、仕事と恋愛とで考え方を分けるべき部分を解説します。

 

 

■「会食」と「合コン」は似て非なるもの

 

合コンで発生する、料理やサラダの「とりわけ」問題。若いころは「とってあげたら、家庭的に思われるかな♪」なんて可愛く考えていたのに、だんだん「どうでもいいわ、バカバカしい!」と反発したり、ライバルの女子が先にとりわけ始めると「やられた!」と悔しがったり、こじらせて「そんな男に媚びるようなこと、ぜったいにやるものか!」と意固地になったり、無理して盛り付けたらめちゃくちゃで逆効果になったり……。結局、何が正解かわからなくなってしまうものです。では、どうすればいいか? ずばり、合コンなど大勢が集まるときはとりわけない。意中の人と2人きりのときはとりわける。これが私の結論です。

 

まず、アラサー以上になると、「とりわけるべきか、とりわけざるべきか」を悩む背景からお話ししましょう。ビジネスマンのみなさんは、仕事の会食や上司を交えた食事会も多いでしょう。そんなとき、我先に「ここはワタクシが!」「いえいえ、ワタクシが!」のやり取りを繰り返すうち、お酌やとりわけは「もてなす側の仕事」という考えが刷り込まれます。ここまでは大人のマナーで、上下関係のある社会のしきたりとも言えますから、いいんです。ただ、それをプライベートや男女関係に持ち込むから難しくなります。これをこじらせると、「なんで私が男をもてなさなきゃいけないの?」なんて思考にも陥り、どんどん面倒くさい方向に進んでしまいます。

 

合コンや恋愛は「仕事」ではありません。上下関係もなければ、利害関係もない。もてなすことが目的ではない訳です。合コンの目的とは何でしょうか? ほぼ初対面の男女数名が食事会をしながら相手のことを知り、自分のことを知ってもらい、恋愛の足がかりを作る。それに尽きますよね。「料理が来たわ、とりわけます! お皿を片付けますね。あっ、次の飲み物はどうされます?」 ……大勢があちこちで注文し、お話ししている最中にそんなことばかりやっていると、終わりがありません。でも、「やっぱり男の人はそういう甲斐甲斐しい女の子が好きでしょ」「やらないのも使えない女って思われそうじゃない?」って思います? はい、はっきり言ってそうです。ではどうすればいいかと言えば、おいしいところだけ、「記憶に残る」ところだけやればいいんです。

 

 

■みっともなさすぎる「カニほぐし妻」

 

では、記憶に残るとはどういうことでしょう? いちばん最初、みんなが注目しているときだけやればいいんです。とりわけより、男性が席に着いたらすぐ「はい、小皿どうぞ!」。割りばしでもOKです。小皿にお醤油を出すだけ、レモンを絞ってあげるだけでも気遣いを感じられます。もしくは、料理が来たら真っ先に、「わぁ~! おいしそう。冷めちゃう前に食べましょ♪」と言えば、明るく天真爛漫な印象にも見えるでしょう。毎回料理が来るたび奪い合うようにとりわけ、トマトやベーコンが全員に渡っているかばかり考えていたら、会話に入れず、結果「この“とりわけている人”って誰だっけ?」となるのがオチです。

 

じゃあ、気になる人にだけとりわけるのはどうでしょう。ターゲットだけ丁寧に対応するのは特別感が出て悪くありません。ただ、合コンの現場だと、男性は社会性を大事にするので、特別感より「周囲の白い目」を気にしてしまうかも…。

 

婚活の現場でも似たような例がありました。以前私は、結婚相談所で世話した40代のカップルと会食をしたことがあります。海鮮料理のお店でメインはカニ。ただ、奥さんがずーっと黙って旦那さんのカニをほぐしているんです。他の人は 「奥さんも食べれば?」と何度も話しかけるんですが、30分以上ずーっと黙ってホジホジホジホジ……! ついにはみんな、呆れてしまいました。ハッキリ言ってこれ、奥さんよりも旦那さんがみっともなく見えるんですね。だって、子供の世話じゃないんだから。自分の奥さんにこんなことさせていると思われますし、ハッキリ言って、見ているこっちが「こっ恥ずかしい」!

 

これは合コンでも同じです。大勢の前でとりわけるより、注文時に「○○さん、苦手なものありますか?」なんて、こっそり聞いて話を広げたほうがずっと効果的です。仕事デキるアピールも、でしゃばりすぎはハナにつきますよね。大勢のときほど、ターゲットにだけこっそりサービスしたほうがいいんです。もちろん、とくにターゲットがいないときも、勝手にむくれて「絶対にとりわけるものか!」と意固地になるのはやめましょう。不機嫌な女に見えるだけです。前述の「先手必勝」で良いなら簡単です。目立つところだけ&おいしいところだけいただきましょう。

 

 

■やさしさよりも「目的志向」と「優先順位」

 

逆に、1対1のデートでは多少あざとく見えてもいいから、存分にとりわけまくり「あーん」でもなんでもしてあげてください(笑)。ちなみに私はデートの際、「あーん」と言って、相手に食べさせてもらっていますが……。ただし、それもずっと続けると便利なだけで感謝もされない「昭和のオカン」になってしまうので、ほどほどに。精神的なやさしさはいつだって大事だけど、目的志向をもって、優先順位をつけて、取捨選択する点はビジネスとも共通すること。無償のサービスを続けるだけではいけませんよね。

 

デートを重ねるような関係になったら、むしろ「お願いします」と頼って、「ありがとう、とっても助かっちゃう」なんて可愛く感謝したほうがいいんです。ほめて、感謝して、相手を頼れる存在にしたほうがずっと大切にされますよ。

 

citrusでは【1000円分のAmazonギフト券】が当たるアンケートを実施中

植草 美幸

セレSTORY ここで買える kokode.jp

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2017 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.