美ST ONLINE 無料会員登録 あなたの「美生活」に役立つ情報お届けします

新着
2018.05.24

【5月の肌状態に関する調査】勘違いしやすい5月の肌~5月の肌はうるおっていると感じる!実は間違いなんです!~

株式会社DECENCIAPR TIMES

この度、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」を展開する株式会社DECENCIA(本社:東京都品川区、代表取締役 山下慶子)は、30代・40代の女性480名に5月の肌状態に関するアンケート調査を実施しました。


■アンケート調査結果:5月の肌状態は良く感じても、水分・油分バランス悪い

5月の肌状態を「良い」と感じている方と「悪い」と感じている方の理由は、どちらも1位は「にきびなどの吹き出物」、2位は「うるおい」に関するものでした。
一方で、水分と油分のバランスが良いと感じているかについて聞いたところ、「普通肌」以外は7割以上が悪いと回答しており、肌状態の良し悪しの理由であった「にきびなどの吹き出物」「うるおい」に関係する水分と油分のバランスは良くないと感じている方が多いことがわかりました。

■肌データ:5月は皮脂度※は高いのに保水力は低い肌状態

肌の皮脂度は、4月から急激に高まり8月でピークに達します。肌の保水力は、5月までは低くその後急激に高まります。5月は、保水力は低いのに皮脂度が高いため、表面的にはうるおっていると勘違いしやすい月といえます。また、アンケート結果にも現れたように水分・油分のバランスを良いと感じる方が少なく、肌表面の状態である「にきび・吹き出物」の有無や「うるおい・乾燥」を肌状態の良し悪しの指標としていることがうなづけます。


※保水力が低いのに脂っぽいと感じる5月は、うるおっていると勘違いしやすい月。お手入れの手を抜くとトラブルを引き起こす可能性もあります。この時季は保水力を高める角層ケアが重要です。

カラダの中から肌の保水力を高める

◆身体を温めよう!
体温が高いと身体の働きが良くなり、水分の吸収率が高まって肌への水の補給がスムーズになります。5月になると気温が上がり、ついついシャワーのみで終わらせる方もいるのでは?ゆっくり入浴して、身体を温めましょう。
おすすめ入浴法
暑い季節は入浴剤を上手に活用しましょう。クールタイプで、さっぱり入浴。炭酸ガス入りで、低めの温度でもしっかり入浴。好きな香りで、リラックス入浴。気分や気温の変化に合わせてお好みの入浴法をお楽しみください。
◆セラミドを食べよう!
肌の保水力を高めるセラミドは、食品からも摂取できます。セラミドを含む食品を食べるとセラミドの産生を促すとされています。よく噛んで食べると、食事による熱発生効果が高まりますよ!


おすすめ食材
こんにゃく芋、大豆、米ぬか、小麦胚芽、牛乳、ワカメ、ヒジキ、黒豆、小豆、ゴボウなど。

角層の乱れを整え、肌の保水力を高める
ナノサイズにカプセル化したヒト型セラミドナノスフィアを配合した敏感肌用導入美容液。肌にスッとなじみ、後から使用するスキンケア品の浸透をサポートし、保水力を高めます。




ディセンシア エンリッチ ブースターセラム
<敏感肌用美容液> 36mL
¥7,000(税抜)リフィル ¥6,500(税抜)


※ディセンシアの商品は、プレゼントパブリシティやレビュー取材でのプレゼント企画用として提供可能です。
ご要望の際は、用途と必要個数をご連絡ください。
※本ニュースリリースに記載されているアンケート結果の掲載に際しては「ディセンシア調べ」と記載ください。
※内容に関するお問い合わせ、引用・転載等に関しては下記PR担当までお問い合わせください。
※メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社DECENCIA
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10
TEL:03-3494-1570 FAX:03- 3494-1580
Mail:decencia_pr@decencia.co.jp URL:decencia.co.jp
PR担当:角田、西川、藤澤

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

totop
Mail
Instagram
rss
美ST
美魔女
セレSTORY
STORY
光文社

Copyright© 2018 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.