40代の肌は<br />下地作りで7割決まります 〔ベーシック編〕1

Loading...

 

point 1

下地選びが最重要課題!
サーモン色の逸品が、40代のくすみを払拭します

point 2

「均一に塗る!」これが重要。
塗り残しのないよう、指全体を使い叩き込んで塗って

point 3

40代は細部の塗り方で大きく差がつく!
目尻・小鼻・口角にも完璧に塗り込んで

 

40代は顔全体がくすむ年頃。
ファンデより、下地でくすみを一掃!
凹凸もフラットになり、肌にパーンとハリ感が生まれます!

Loading...

 

1. 下地の量は、パール一粒大、
ちょっと多め?ぐらいがちょうどいいんです

適量はパール粒大。やや多いと思われますが、顔全体にムラなく馴染ませるためには、1回にこのくらいの量がベスト。顔全体に均一に下地が馴染み、黄色くくすんでしまった顔色がワントーン明るくなります。

 

2. 取った下地は顔全体に素早くスタンプ置き、均一に塗るためのテクです

パール感のあるサーモンの下地を指に取ったら、何回かに分けて顔全体にスタンプを押すように置きます。2本の指を使い、指のはらだけでなく指全体を使うようにして外方向に馴染ませて。薄く、均一に下地を広げて。

 

3. 下まつ毛ギリギリ部分は下地を目頭から目尻に重ねて。赤みもくすみも消し去ります

目の下のまつ毛の際ギリギリの部分はくすみが目立ちやすいので要注意! この部分にくすみが残っていると目周りが暗く見えてしまいます。下地を指のはらに取り足し、目頭から目尻部分に向かって丁寧に馴染ませます。

 

4. 意外な落とし穴! 目頭部分のくすみは指のはらを使い下地を重ねてトーンアップ

見落としがちな目頭の際の部分! 目頭の「く」の字の部分もくすみが現われやすい部分。メークでカムフラージュするよりも、下地の段階でくすみを払拭することが必要。指のはらで下地を馴染ませ、上まぶたにも広げます。

 

5. 小鼻周辺はくすみと赤みのダブルパンチ! 下地は叩いて密着させればカバー力UP

小鼻の周りはくすみや赤みが現われやすい部分。下地を足し、指のはらを使って小鼻を囲むようにして馴染ませ、軽く叩き込むようにして密着させます。凹凸がある部分は崩れやすいため、たたき込むことでカバー力が高まり、同時に持続力もアップします。

 

6. 下がる、くすむ箇所下地で口角部分を全方位囲み込み明るく補整します

口角は指の角を使ってくすみを払っていきます。下地を口角の部分を囲むようにして馴染ませます。下地の段階で肌のくすみを取り去っておくことで、肌の仕上がりが変わってくるので、細かい部分も丁寧に処理しましょう。

 

 

下地が完璧だからファンデは少量をブラシで回転塗り


下地を丁寧に馴染ませれば、仕上げは簡単。リキッドタイプのファンデを少量ブラシに取ります。ブラシを回転させるようにして顔全体に馴染ませます。凹凸や毛穴にもきちんとファンデが密着し、ツルンとした肌に仕上がります。

 

 

Loading...

りさ子さん、レッスン後の一言

初めて嶋田さんのメークを体験させていただき、何もかもが驚きの連続でした。もともと私の肌がダークなので、ピンクっぽいサーモン色の下地は白く浮いてしまうと思い、実は敬遠していたんです。でも、私のような肌色にも綺麗に馴染み、透明感が現われることに感動しました。今までの思い込みがすべて払拭され、下地の重要性を認識させられましたね。やはり、昔のメークではダメ! なんですね。

仕上がりも、くすみが目立たなくなることで、肌の影が消し去られ、パーンと張ったように見えますね。下地でこんなに素敵に変われるなら、これからプライベートメークでも取り入れたいと思います。読者の方も、ご自分の使用している下地を見直してみてくださいね。

 

今回使ったアイテムは?

下地

嶋田さんが開発に携わったパール感のあるサーモン下地。40代のあらゆる悩みを隠します。
SPF25/PA++。メイクアップベースフェイスレスポンサー¥4,515/ブリリアージュ

ファンデーション

(右から)ランダムな毛先が細部にまで綺麗にファンデを馴染ませることができます。ファンデーションブラシ¥5,460/ブリリアージュ
スルスル馴染むファンデ。シアーマットファンデーション 全8色 各¥6,090/ナーズ ジャパン(9/18発売)

ベースメークを生かす! スッピン風メークはこの製品を使いました

SPF20/PA++。パウダリーファンデーションマイクロエアフィール ナチュラルベージュ 30 ¥7,140/ブリリアージュ
アディクションアイシャドウ 010P ¥2,100/コーセー
唇に。同リップグロス 004 ¥2,625/コーセー