アイシャドウは<br />ブラウンを極めれば<br />いきなり若返る

Loading...
 

 

point 1

「くすませないために」
濃いブラウン+サーモンピンクのパレットを

point 2

「垂れないために」
引締め色をしっかり細く

point 3

「窪まないために」
眉下ハイライトは控えて描くと若々しい

point 4

「カサつかないために」
パールは細かいものを描くと若々しい

 

 

 
Loading...

 

1.サーモンカラーをアイホール全体に馴染ませます

太めの平筆にベースとなるサーモンカラーを取り、まぶた全体に馴染ませます。入れ方はまぶたの凹みの部分まで少しずつ上に向かってぼかし、アイホールの高さまで丸く馴染ませます。

 

2.ブラシを縦にしてアイホールまで均一に馴染ませて

ベースとなるサーモンカラーは、アイホールまで均一に馴染ませます。コツは上まぶたの際からブラシを縦にして上方向に向かって丸くなるように馴染ませること。均一に馴染ませることで、くすみが一掃され、若々しく明るい、可愛らしい目元に見えます。

 

3.眉骨のところにハイライトカラーを馴染ませます

眉下の骨のところに沿ってハイライトカラーを入れていきます。まぶたの凹んでいる人は同じハイライトカラーを、少し下の部分まで伸ばします。そうすると、まぶたの凹みがカムフラージュされ、老けて見えることもありません。

 

4.締め色を上まぶたの際に馴染ませキリリと見せる

細いブラシに締め色を取って、上まぶたの目尻の外側から徐々に内側に馴染ませていきます。コツはラインを描くように入れること。これはまつ毛の影を作ってくれるので、少し太めに入れてぼかしていきます。太さの目安は目を開けたときにうっすら色が見える程度。

 

5.下まぶたにも締め色を! 目尻はキュッと締める

細いブラシを使って、下まつ毛の際に全体に締め色を馴染ませます。このとき、垂れ目に見せないように目尻側は太くしないこと。目尻側は細く、上まつ毛の締め色と「く」の字に.げ、引き締めます。黒目の下の部分に太さを出して目を丸く見せます。

 

 

6.ハイライトカラーを目頭にON!透明感を出します

眉下に使ったハイライトカラーをブラシに取り、目頭を囲むように馴染ませます。さらに尖った印象にならないために内側に向かって少しぼかします。ここにハイライトが入ることで、窪んで見える余分な影も払拭され、可愛く、若々しく、透明感まで際立ちます。

 

いつもと同じ
ブラウンメークなのに
見違える
時計に逆らう
幸せ顔に

 

りさ子さん、レッスン後の一言

 

Loading...

 

実は、私も年齢とともにまぶたが痩せてきていたようです。いつものアイシャドウが昔のように似合わなくなり、窪んだり、くすんだり、メークをするほどにトラブルが目立ってしまって、困っていたんです。でも今回、年齢にふさわしいアイシャドウの色選びや入れ方を学べて、とっても勉強になりました。
ちょっとしたテクニックで、こんなに明るく若々しく見えるなんて!本当に嶋田さんってすごいですね。毎回撮影のときに教えていただくこともわかりやすいから、自分でメークするときでも簡単に再現できるんですよ。今回も早速トライしてみたら、目元のくすみや窪みが目立たなくなりました。今回も自信をもって皆さんにお勧めできるテクニックです!

 

今回使ったアイテムは?

アイシャドウブラシ

お勧めのブラシは、この毛先を丸くカットしたタイプ。
ソフトな肌触りで目元に優しくフィットします。
アイシャドウブラシ(丸平)¥4,830/ブリリアージュ

アイラインブラシ

お勧めのブラシは、ラインにも最適なこのタイプ
アイラインブラシ ¥2,940/ブリリアージュ

爽やかな春のトレンドメークはこれを使用

(右上から時計回りに)
陰影を巧みに操り、大きく立体的な目元を作る。
粒子が細かく40代にも使いやすいアイシャドウ。
マキアージュ アイズクリエーター(3D)
PK766 ¥3,990(編集部調べ)

リップはメーキャップ パーフェクトルージュ テンダーシアー
PK327 ¥3,675/ともに資生堂、

重ねたグロスはルナソル フルグラマーグロスN 21
¥2,625/カネボウ化粧品、

頬に使ったチークはエストエモーショナルオーラ チークス 05 ¥5,250/花王