チークは頬骨より上に!<br />これで時計を逆回し

Loading...
 

 

point 1

顔色をよく
見せるためにくすまない
「サーモン系ピンク」を

point 2

頰骨の高い所よりも上に入れて
下がってきた頰をリフトアップ

point 3

窪んだところにハイライトで
コラーゲン効果

 

 

 
Loading...

 

1.入れすぎ? 足りない?もう一度確認  一度に取るチークの量

選ぶのはキレイな色のサーモンピンクのチーク。大きめのブラシにたっぷりとチークを取ります。筆先でポンポンと3~4回、チークを押さえるように厚みのある筆先 に取ります。滑らせるようにチークを取ると、つきすぎてしまうので厳禁。量は筆先にしっかり含ませた右の写真くらいが目安です。

 

2.必ず一度手に押しつけて筆にしっかり含ませる

ブラシの先に取ったチークを手の甲に3~4回ポンポンと押しつけます。そうすると、チークの粉がしっかりとブラシの中に含まれ、均一にチークを馴染ませられます。仕上がりもグレードアップ!

 

3.いちばん大切なのはのせる位置頰骨の少し上です

重要なのはチークを入れる位置!笑ったときに丸くなる部分より、やや上をチークの始点として、頰骨に沿いながら上に引き上げるようにしてチークを均一に馴染ませていきます。

 

4.入れる位置、方向も要注意!しっかりくるくる回します

頰骨に沿うようにしてフワッと入れていきます。コツはクルクルと回すようにしてこめかみに向かって馴染ませること。そうすると、頰がリフトアップして見えます。
頰の中央からクルクルとブラシを回転させながら馴染ませます。回転させると、粒子が潰れないため、チークがキレイに定着。さらに艶感もアップ!

 

5.目の下の窪みをふっくらさせるハイライト効果

ブラシにハイライトを取ります。頰骨の内側、目の下の窪んでいる部分にハイライトを馴染ませます。まず、目の際から内側に向かって馴染ませていきます。

 

6.ハイライトをチークとつなげてナチュラルに

目尻から目の下の窪み部分にハイライトをプラス!目の下がふっくらして、ハリ感もアップして全体に若々しい印象に仕上がります。チークとハイライトの相乗効果でリフトアップ効果も倍増!

 

ハッピー感もあるのに
しっかりリフトアップ
可愛いふりした
実力派チークの決定版

 

 

りさ子さん、レッスン後の一言

 

Loading...

 

楽しみにしていたチーク。普段からファンデーションを塗らなくてもチークだけは使っていたんです。ですから、今回はとっても勉強になりました。ちょっとチークの位置を上げて、しっかりめにクルクルと回して馴染ませるだけで、こんなに頰が上がって、艶っぽく見えるなんて!
今回も嶋田さんのテクニックに驚かされました。色も私の好きなオレンジみのあるピンク、サーモンピンクで若々しく、可愛く変身できました。また、目の下をふっくら見せるハイライトは、私の痩せてきた目元の悩みをカバーしてくれて、普段よりもグッと若く仕上がったような気がします。年齢とともに目の下って窪んでくるので、明日からハイライト使いにも挑戦したいと思っています。

 

今回使ったアイテムは?

チーク

ほのかな艶のあるサーモンピンクのチーク。
シアトーンブラッシュ インスタント シック
¥2,100/M・A・C(5/1限定発売)

ブラシ

(左から)厚みを持たせた平筆タイプ。
シャープにもソフトにも自在にチークが
馴染ませられます。嶋田さんプロデュースの秀品!
チークブラシ ¥7,980/ブリリアージュ、
山羊毛を用いたラウンドタイプ。

バックステージパウダーブラシ ¥6,930/
パルファン・クリスチャン・ディオール、
山羊とポニーの毛をブレンドした柔らかな毛先が◎。
ブラッシュ ブラシ ¥7,350/ボビイ ブラウン

ハイライト

(左から)最高級の柔らかなリスの毛で、
デリケートな目の下にも優しい使い心地。
ハイライトブラシ ¥5,040/ブリリアージュ、ハイライトに。

コフレドール カラーブラッシュ EX-05
¥2,100(編集部調べ)/カネボウ化粧品