「小顔チーク」は引締め色を<br /> 頰骨下に入れるべし

Loading...
 

 

point 1

肌よりワントーン暗い
ベージュ系で〝影〞効果

point 2

頰骨の下に入れるのが、小顔への近道

point 3

小顔の象徴・とんがり顎は
シェーディングで作る

 

 

 
Loading...

 

1.チークをのせる位置は頰骨よりも少しだけ下

チークを入れる位置は頰骨のいちばん高い所のすぐ下の部分。頰は下の部分から下がってくるため、この部分を引き上げるように馴染ませることで、引締め効果とそれに伴ったリフトアップ効果も狙えます。

 

2.しっかりブラシを往復させることで落ちにくい発色に

肌よりワントーン暗めのチークをブラシに取ります。頰骨の下の部分、小鼻の脇の辺りからフェイスラインに向かって、ブラシで後ろにぼかし込みます。往復させることでチークがしっかり密着します。

 

3.小顔のためにとんがり顎を〝偽造〟します

顎に影を入れます。入れる位置は左右の法令線の下の部分。この部分に軽くシェーディングチークを馴染ませるこで、視覚効果でたるみがカムフラージュされ、フェイスラインがシャープに見えます。

 

4.とんがり顎の仕上げには顎先ハイライト

ハイライトパウダーをブラシに取り、顎先にチョンチョンと重ねます。このひと手間で顎がとがって見え、シャープなフェイスラインが強調される魔法のテクニック。

 

5.シェーディングを自然に見せる頰骨ハイライト

ブラシにハイライトを取ります。これを頰骨の高い所に入れることで、チークとハイライトが一体化されて自然な立体感が生まれます。骨格もより強調され、シャープな印象が際立ってきます。

 

しっかり引き締めた
メリハリ顔はチークが主役
ひと足早い
夏ファッションにも映える

 

 

りさ子さん、レッスン後の一言

 

Loading...

 

前回に引き続きチークを学んだんですが、チークひとつで、こんなに印象が変わってしまうんですね。今回の引き締まって小顔に見えるシェーディングチークで、改めて〝嶋田さんのメークって整形並みの効果があるんだ〟ってことを実感しました。特に私が感動したのは、法令線の下のフェイスラインの部分に入れたチーク。
自分でメークするときは、こんな所にチークを入れるという発想はまったくなかったので、新鮮でした。おかげで、最近気になり始めたフェイスラインがシャープに、さらに顎もとって見えて、私が抱えていた悩みが払拭できました。顔にメリハリも生まれて、肌も健康的に整うので、これからのシーズン、少し日焼け肌風のメークに似合いそうですね。

 

今回使ったアイテムは?

チーク

ダークなベージュで肌に溶け込むようなナチュラルな発色。艶やかでイキイキとした表情が生まれます。
カラーヴェール フォー チークス08
¥3,150╱THREE

ブラシ

使ったのは、嶋田さんがプロデュースした上質ブラシ。
チークブラシ¥7,980╱ブリリアージュ

ハイライト

(右から)ひとハケで肌のトーンをアップさせます。
ルナソル トーンアップパウダー 01 ¥5,250╱カネボウ化粧品、

肌にピタリとフィットするように毛先を斜めにカット。使い心地は◎。
ハイライトブラシ ¥5,040╱ブリリアージュ