目の悩みなんて<br />アイラインで解消できる

Loading...
 

 

point 1

黒目を強く見せるには
ジェルライナーが失敗知らず

point 2

下がってくるまぶたと目尻には
上のラインをはみ出させて

point 3

下まぶたには滲まない
ウォータープルーフのペンシルを

 

 

 
Loading...

 

1.上まぶたの粘膜の内側にジェルライナーで目尻から引く

まつ毛の根元が出るように、まぶたをやや持ち上げてラインを描きます。まずジェルライナーを筆にたっぷり取り、上まつ毛の隙間を埋めるように粘膜にしっかりラインを描きます。これでまつ毛が密集しているように見えます。

 

2.リフトアップのために目尻ははみ出させて、上げる

目を大きく、リフトアップさせるために、上まつ毛の上、目尻側2/3にラインを描きます。目尻側のラインの目安は一番外側のまつ毛に合わせて。この際、目を開けて描くと、目安がわかり、簡単に描けます。

 

3.まつ毛の上にもジェルライナーで目を大きく見せる効果

目を大きく見せるために、まつ毛の上にも細くラインを描きます。日本人の多くは年齢とともにだんだん二重の幅が狭くなるため、太いラインを描くと、目が腫れぼったく見えます。また、仕上がり後にぼかすと強さがなくなるため、綿棒などでぼかさないこと!

 

4.下のラインはペンシルで目尻から、徐々に薄くなるように

下まぶたのまつ毛の際には茶色のペンシルでラインを描きます。目尻をまず描いて目頭に向けて徐々に薄くなるようにして、横のグラデを作ります。下まぶたのラインもまつ毛の隙間を埋めるように描きます。際ギリギリに描かないと、目元が下がって見えてしまいます。目尻側が強くなることで、リフトアップ効果が狙えます。

 

5.モードになりすぎないように、下まぶたはシャドウでぼかすこと

ブラウンのシャドウを細いブラシに取り、下まつ毛に描いたラインをぼかします。目尻側が強くなるように目頭に向かって徐々に重ねていきます。そうすると、ペンシルで描いたラインの安定もよくなり、下に滲みにくくなります。

 

アイラインで目ヂカラ再上昇!
長年のコンプレックスがいとも簡単に解消

 

 

りさ子さん、レッスン後の一言

 

Loading...

 

今回はアイラインの描き方を教わりました。今までは自前メークではアイラインはペンシル一辺倒だったんです。でも、いつも目の下に滲んでしまったり、なかなか上手く仕上がらなくて。それに、年齢を重ねて、まぶたが下がってきたり、ちょっと疲れたときにはまぶたが腫れたりなど、目元の不調は私にとって最大の悩みだったんです。
それがアイラインだけで、大きくすっきりと、リフトアップしたように変化したんです! いつもながら嶋田さんのテクニックには驚かされます。40代の私たちには絶対に必要なテクニックですね。ただ、アイラインは若いコのようにがっつりと囲んだり、やりすぎてしまうと40代には逆効果のようなので、気をつけたいですね。

 

今回使ったアイテムは?

ジェルアイライナー

(右)ロングウェア ジェルアイライナー01
¥2,940
(左)ウルトラファイン アイライナー ブラシ
¥3,150
/ともにボビイ ブラウン

クレヨンアイライナー

クレヨン アイライナー ウォータープルーフ594
¥2,940/パルファン・クリスチャン・ディオール

アイラインブラシ

コシのある毛質で繊細なラインを描いたり、ぼかしたりするのに効果的。
アイライン ブラシ
¥2,940/ブリリアージュ