美しい40代は主張する<br />「美女唇」を持つ

Loading...
 

point 1

リップ選びは
「光沢あり・パールなし」の
サーモンピンク系を

point 2

唇を偽造せよ
ペンシルで
ぼけ・くすみ修正

point 3

リフトアップの
ためにはやっぱり
口角から上げる

 

 

 
Loading...

 

1.まずは口角下にコンシーラーで口角のエッジを立ててリフトアップ

筆ペンタイプのハイライター&コンシーラーを使って、唇の印象をはっきりさせます。まず、下唇の口角の部分に直接コンシーラーをのせます。唇の輪郭に沿わせること。

 

2.コンシーラーを唇になじませて、ハイライト効果で立体的に

下唇の口角部分にのせたコンシーラーを肌になじませます。指の腹を使ってトントンとなじませ、肌と一体化させます。この下ごしらえで口角がキュッと上がって見え、唇の印象まで若々しく変えます。

 

3.カプサイシン入りのリップベースでぷっくり感を出します

輪郭を補整する前に、唇自体をふっくらと整えておきます。リップベースを直接唇全体に重ねます。

 

4.リップライナーで唇偽造。ぼやけてきた輪郭をシャープに

まずは口角部分から描き始めます。口角はしっかりと引き締め、唇本来の形をキレイに引き出します。上唇の部分はインカーブにすると、若々しい印象に見えます。

 

5.一度描いたラインをぼかして、悪目立ちさせない

描いたラインをブラシでぼかしていきます。唇の内側に向かってなじませれば、輪郭だけが悪目立ちすることなく、唇の存在感がくっきりして若さも引き立ちます。このひと手間で自然な口元に見えます!

 

6.ひと手間が重要。リップを筆にとって、ていねいに描きます

リップを筆に含ませます。塗り始めるのは口角から。外側から内側に向かってなじませます。中央部分に軽く重ね塗りすると、ふっくら感がアップします。

 

7.上唇も下唇も外から内に描いていきます

上唇も外側から内側になじませ、中央に軽く色を重ね、リップメークの完成! グロスは一切使用していませんが、むしろ唇自体がキレイで自然に見え、口角を補整することで、口周りにもハリが感じられます。

 

〝人格と年齢は唇に出る〞
手を抜かずにきちんと
仕上げることが40代の強い味方に

 

 

りさ子さん、レッスン後の一言

 

Loading...

 

やせてきた唇や下がってきた口角は悩みのひとつだったんです。でも今回、口角にハイライトを入れるという、嶋田さんの劇的なテクニックでリフトアップされ、若々しさが戻ったように思えます。そして、サーモンピンクのリップが日本人の肌まで美しく見せることを教えていただき、勉強になりました。
それに、唇をマッサージするという発想は、今までなかったんですが、このひと手間でまったく印象が変わってくるんですよ! 口元って手を抜きがちですが、実は年齢が表われやすい部分なので、手間を惜しまず、きちんとメークすることが大切なんですね。しっかり唇をメークすると清潔感も出るので、みなさんも試してみてくださいね。簡単ですよ!

 

今回使ったアイテムは?

コンシーラー

お勧めは嶋田さんが開発に携わった逸品。
目元のくすみ、クマにも最適で、スポットライトのような輝きを与えます。
リキッドコンシーラー アイスポットレスポンサー
¥3,990/ブリリアージュ

リップベース

お勧めはカプサイシン入りのリップベース。
クリニック処方で、ヒリヒリすることなく、ふっくら弾む唇に整えます。
透明タイプの液なので、メークの上からもグロス感覚で使用できます。
ぷるるんリップちゃん
¥3,150/アヴェニュー六本木クリニック

リップペンシル

デリケートな唇にも滑らかにフィットするペンシルを使って。
これは、りさ子さんの唇に適したヌードピンク。
ドローイング リップ ペンシル BG949
¥2,100/シュウ ウエムラ

リップ

(右)サーモンピンクのリップ。
ラプソリュ ルージュ 278 ¥4,200/ランコム

(左)毛量がたっぷりしているため、リップをしっかり含ませられムラなく塗れます。
リップブラシ¥2,940/ブリリアージュ