[りさ子の復習編]1<br />コンシーラー三角塗りを<br />忘れると、-30点!<br />

 

point 1

サーモン下地でくすみをOFF

point 2

オレンジコンシーラーを三角塗り

point 3

リキッドファンデは筆で薄づけ

point 4

パウダーファンデなら濃淡2色使い

 

 

 

[りさ子さんの自分メーク]
自分で気になる部分はフォローできたつもりですが……

 

1.サーモン色の下地はパール1粒大を顔全体にスタンプ置き

パール1粒大の下地を指に取り、何回かに分けて顔全体にスタンプを押すように置きます。そして、外方向に向けて均一に馴染ませます。これで、肌色をトーンアップさせています。

 

2.目頭や口角、細かい部分も抜けなく重ねてくすみ除去

細かい部分が抜けていました! 下まつ毛の際ギリギリ、小鼻の周り、そして、目頭、口角の部分など、くすみやすい部分には下地を重ねづけします。こうすると、より若々しい肌に仕上がります。

 

3.筆に含ませたリキッドファンデを両頰・額の3点に置きます

リキッドの量はやや多めに。ちょっと多いかも、と思っても、しっかりと筆にしみ込んでいきます。そして、両頰、額の3点に大胆に置きます。多いと思った量もスルスルと馴染み、肌に均一に広がります。

 

4.ファンデは直線的ではなくクルクル回転塗り!

額、頰は大胆に馴染ませるまでは合格。でも、ここからがダメでした。次に大きく外に円を描くように筆を動かし、ファンデを密着させるのが正解。これで、年齢とともに下がった毛穴がキレイにカバーできます。筆を回転させることで、肌が磨かれツヤ感もアップします。さすがの嶋田流テクニックですね。

 

5.細かい部分は筆の先端で丁寧に馴染ませます

ついつい忘れがちなんです! 最後に細かい部分、小鼻の脇などは、筆の先端を使って丁寧に馴染ませていきます。これで、ファンデで5歳は若返って見えますよ。細かい部分にこそ美は宿ります。

 

6.オレンジ色のコンシーラーは三角塗りでリフトアップ

コンシーラーは目の下にサッと馴染ませていましたが、勘違いでした。嶋田流ではスタンプ状に置いて、指のはらを使って、軽く叩くように馴染ませます。これでくすみがキレイに隠れます。また、三角形に馴染ませることで、顔全体がふっくらとリフトアップして見え、より若々しい雰囲気になるんです。

 

7.目の上の窪みにはコンシーラー重ね塗りで!

目の際ギリギリにもコンシーラーを馴染ませます。忘れがちなのが、上まぶた。上まぶたの窪みにもコンシーラーを叩くように馴染ませると凹凸がカバーでき、疲れた印象がカムフラージュできます。

 

〝薄づきに見せかけてテク満載〞
ベースメークさえうまくいけば
40代の肌疲れはほぼ解消

 

 

りさ子さん、レッスン後の一言

 

Loading...

 

嶋田さんとの連載ページを約1年ちょっとご一緒させていただき、メークをイチから勉強することができました。私も40代を迎えた頃 から、若いときに覚えたメークでは、なんとなく似合わない、浮いてしまうなど、違和感には気づいていたんです。
でも、嶋田さんのメークで、その違いがひとつひとつクリアになり、40代に相応しいメークに近づけたように思えます。まだまだ、合格点には程遠いのですが(笑)。
特に、肌作りではたくさんのことを学べました。なかでも下地やコンシーラーの大切さが自分の中では衝撃的! 年齢のせいだから仕方ないと思っていたトラブルがここまでカバーできるなんて! 手前味噌ですが、連載当初よりも若返ったように思います。

 

今回使ったアイテムは?

とにかくこれを揃えるべし嶋田式・40代のための肌作りセット

1 2種類のパール入りで毛穴、くすみ、凹凸まで隠す。SPF20/PA+。ディオールスキン ラディアント ベース ¥5,040/パルファン・クリスチャン・ディオール
2 薄い膜のようにフィットして肌と一体化する極上ファンデ。SPF20/PA+。ランジュリー ド ポー 全9色 各¥7,350/ゲラン
3 動きの激しいアイゾーンにもピタリと寄り添い、クマ、くすみなど、気になるトラブルを色で払拭。リキッドコンシーラー アイスポットレスポンサー¥3,990
4 嶋田さんが開発したブラシ。りさ子さんもお気に入り。ファンデーションブラシ¥5,460
5 微粒子のパウダーで肌にハリ感も与える。フェイスパウダー モアインプレッションズ 40 ¥5,250/すべてブリリアージュ