【小西さやかさん監修】シワ・たるみ・毛穴悩みの正しいコスメ選びがわかる【大人のための化粧品検定】

「日本化粧品検定」をご存知ですか?化粧品の成分や効果を高める知識を学ぶ、話題の資格検定です。今回、美ST読者のために特別版の「大人のための化粧品検定」を作りました。これで自分に合ったコスメを見つけるための基礎知識を確認すれば、明日からもっと効率的に美を追求できるはず。さっそくトライしてみて!

【シワ・たるみ】

Q1. シワ改善成分の説明として適切でないものを選びなさい

(A) 厚生労働省が認可したシワ改善有効成分は、3種のみである。
(B) 厚生労働省のシワ改善認可を受けると 「乾燥による小ジワを目立たなくする」と表示できる。
(C) ニールワンは、日本で初めて 「シワを改善する効果がある」と厚生労働省に認可された成分である。

Q2. 以下の3つの中で「ナイアシンアミド」と同じ成分をすべて選びなさい

(A)ニコチン酸アミド 
(B)ニコチン 
(C)リンクルナイアシン

Q3. 真皮性のシワについて適切なものを選びなさい

(A)保湿力の高い化粧品を使用すると目立たなくなる。
(B)改善には肌内部のコラーゲン線維、エラスチン線維の修復を促すことが必要。
(C)目元や口元にできやすいシワで、薄く目立ちにくい。

Q4. それぞれのシワ悩みを抱えるA〜Dさんと、最もおすすめのシワ改善美容液a〜dを線で結びなさい

Aさん
たるみやシワはもちろん、最近はくすみも気になるんです
Bさん
顔のシワだけなく首の輪ジワがあり広範囲にたっぷり使いたい
Cさん
車によく乗るせいか顔の右側だけシワが深くなった気が……
Dさん
シワの美容液って刺激が強そうだから敏感肌の私には無理かも
(a)アヤナス リンクル O / L コンセントレート
スルスルと伸びるオイルリキッドベースの全顔用シワ改善美容液。有効成分「D-リンクルアミド」を配合。高い浸透力でふっくらとハリのある肌へ。30㎖ ¥6,500(ディセンシア)
(b)ルシェリ リンクルリペア ローション・同 エマルジョン
デイリーケアでシワ改善までできる、シワ改善コスメ初の「化粧水」と「乳液」タイプ。独自の浸透テクノロジーで美容成分を角層奥深くまで効率的に届けて、ハリツヤあふれる肌へ導きます。ローション 160㎖¥3,500、エマルジョン 120㎖¥3,800(編集部調べ)(コーセー)
(c)左 エスト リンクル ソリューション プラス、右 エリクシール ホワイト エンリッ チド リンクルホワイト
左 ナイアシンアミドに加えて、持続型セラミドケア処方で潤いも万全。〈医薬部外品〉20g ¥10,000(花王)右 輝く肌へ導くシワ改善と美白効果のある医薬部外品。15g ¥6,400 (編集部調べ)(エリクシール)
(d)リンクルショット メディカル セラム
好中球エラスターゼに働きかけてコラーゲンやエラスチンの過剰な分解を抑制。真皮成分の生成と分解のバランスを整えてシワを改善する独自のアプローチ。〈医薬部外品〉20g ¥13,500(ポーラ)

【毛穴】

Q5. 毛穴を3タイプに分類した場合、角質の肥厚が原因で生じるものはどれですか?

(A) 開き毛穴 
(B) 詰まり毛穴 
(C) たるみ毛穴

Q6. 毛穴についての説明で適切でないものを選びなさい

(A) 顔は体に比べて皮脂腺が発達しており、毛穴が目立ちにくい。
(B) 毛穴の詰まりは皮脂と古い角質が毛穴に詰まることにより起きる。
(C) 男性ホルモンが多い人は、毛穴が目立ちやすい。

Q7. 以下の3タイプの毛穴について毛穴の形状、主な原因、効果的な化粧品の中から当てはまるものを1つずつ選びなさい

【詰まり毛穴】【開き毛穴】【たるみ毛穴】

▼毛穴の形状

(イ)鼻のブツブツ毛穴が気になります
(ロ)毛穴の周りのメークが浮いてくる
(ハ)毛穴が大きな楕円形に窪んできた!

▼主な原因

(ニ) 皮脂の過剰な分泌
(ホ) 皮脂・たんぱく質の詰まり
(ヘ) 加齢による毛穴のたるみ

▼効果的な化粧品

(ト)皮脂を抑える成分を配合した美容液&油分が少なく保湿力が高いジェル
左 テカリが気になる肌もしっとりサラサラに仕上げるオイル不使用の保湿ジェル。UFオイルフリー ジェル50㎖ ¥4,000(キールズ)右 皮脂分泌を抑制するライスパワーNo.6配合で、テカリやベタつきのない肌に。ONE BY KOSE バランシング チューナー〈医薬部外品〉120㎖¥4,500(編集部調べ)(コーセー)
(チ)コラーゲンを産生するペプチドコスメ&シワ改善効果のある美容液
左 肌再生シグナルの増殖因子に着目。自分史上最高の肌に導きます。コスメデコルテ AQ ミリオリティ インテンシブ クリーム n45g ¥120,000(コスメデコルテ)右 潤いで満たされ、シワの気にならない内側から輝く肌に。セラムリッサーリッズS 20g¥30,000〈医薬部外品〉(クレ・ド・ポー ボーテ)
(リ)角栓を分解する酵素洗顔&角質を除去するゴマージュ
左 酵素の力で毛穴汚れをクリアに。海外でも大人気。スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュN32個入り¥1,800(編集部調べ)(カネボウ化粧品)右 柔らかなジュレベースに5種のスクラブと毛穴の汚れを吸着するレッドクレイを配合。エレメンタリー フェイシャルゴマージュ100g ¥12,000(ITRIM)
監修したのは……一般社団法人 日本化粧品検定協会 代表理事 小西さやかさん
学校法人東京農業大学 食香粧化学科 客員准教授。2011年に一般社団法人日本化粧品検定協会を立ち上げる。大手メーカーで化粧品開発に携わった研究者としての鋭い目線でコスメや美容法を評価。一児の母。

解答と解説

A1. (B)化粧品の広告表現は薬機法で定められています

「乾燥による小ジワを目立たなくする」と記載するために厚生労働省の認可は必要ありません。ただし「化粧品機能評価法ガイドライン」に基づく評価試験を第三者機関で行ない、その効果が確認される必要があります。

A2. (A)(C)ナイアシンアミドの呼び名はさまざま

(B)の「ニコチン」は、タバコに含まれる揮発性のアルカロイド。ナイアシンアミドは、ビタミンB群の一種で「ニコチン酸アミド」とも呼ばれます。メーカーの独自名称で「リンクルナイアシン」「D-リンクルアミド」「Wナイアシン」と呼ぶ場合も。

A3. (B)皮膚の深い部分が原因で起こるシワです

深く刻まれた真皮性のシワは、加齢や紫外線の影響でコラーゲン線維やエラスチン線維がダメージを受け、肌内部からの柔軟性や弾力が失われていることに起因します。(A)と(C)は表皮性のシワについての記述です。

A4. Aさん(c) Bさん(b) Cさん(d) Dさん(a)

Aさん:シワ改善と美白の2つの厚生労働省認可成分を
たるみジワを改善する「真皮に作用するシワ改善成分」とくすみに効果のある「美白成分」の2つを配合したコスメを。エストは、ナイアシンアミドで2つの認可を、エリクシールは、レチノールでシワ改善、トラネキサム酸で美白の認可を受けています。

Bさん:広範囲に塗りやすい剤形がポイント
ポイントは「首のシワ」です。シワ改善美容液は部分用のものが多いので、まず「全顔用」という観点で候補を絞ります。その上で、毎日無理なく続けやすいことを考え合わせると広範囲に塗りやすい化粧水と乳液タイプのルシェリが最適です。

Cさん:紫外線による微弱炎症に着目したシワケアを
運転席の窓から浴びた紫外線が主な原因。紫外線を浴びた肌内部では微弱な炎症が起こり、コラーゲンやエラスチンまでもが分解されています。分解酵素である好中球エラスターゼの活性を抑制して分解を抑える成分「ニールワン」が効果的です。

Dさん:摩擦刺激を与えずに塗れるオイルベースを
敏感肌には、摩擦刺激を与えないために塗り込まなくても滑らかに広がって浸透するオイルタイプを。同時に敏感肌特有の肌のごわつきも和らげてくれます。シワ改善成分「ナイアシンアミド 」は長年化粧品に使われてきた整肌効果もある穏やかな成分です。

A5. (B)厚くなりすぎた角質が毛穴を塞ぎます

角質肥厚は、古い角質が剥がれずに、厚く重なって毛穴の出口を塞いでしまい詰まった状態です。放置すると角栓も溜まりやすくなり、指で撫でるとザラつきを感じます。

A6. (A)皮脂腺が発達すると毛穴が目立ちます

体よりも顔の方が皮脂を分泌する働きが強いため、毛自体は細くとも皮脂腺が大きく発達して毛穴が目立ちます。男性ホルモンが多めの人は、皮脂の分泌量が多めなので毛穴が目立ちやすい傾向に。

A7. 【詰まり毛穴】 (イ、ホ、リ)【開き毛穴】 (ロ、ニ、ト) 【たるみ毛穴】 (ハ、ヘ、チ)

【詰まり毛穴】:角栓や古い角質を溜めない洗顔習慣を
毛穴に詰まった角栓は、たんぱく質と皮脂の混合物です。たんぱく質や皮脂を分解する酵素洗顔料で優しく取り除きましょう。汚れを吸着するクレイや肌に優しいスクラブを取り入れて角質を過剰に肥厚させないことも大切です。

【開き毛穴】:過剰な皮脂の分泌を改善して毛穴を開かせない
まず、皮脂の分泌量を根本から減らすために、「皮脂分泌の抑制効果」を厚生労働省より認可された成分を。次に、肌の乾燥が過剰な皮脂の分泌に繋がるので、オイルフリーのジェルクリームでしっかり潤いを補給しましょう。

【たるみ毛穴】:真皮の老化がたるみ毛穴の原因です
たるみ毛穴は、真皮が老化してハリの低下が起こり、毛包が落ち込むことで毛穴まわりの皮膚も引っ張られて落ちこみ、毛穴が開いたように見えます。コラーゲンを増やすレチノールや真皮の再生効果があるペプチドなど、真皮層に働きかける成分が有効です。
2020年『美ST』4月号掲載
撮影/五十嵐 洋 取材/奥原京子 イラスト/いいあい 編集/長谷川 智、佐々木 遼