いつもの口紅に足すだけ!40代の“抜け感”に黒リップをどうぞ〈その1〉

黒リップは自分には使いこなせない、と思い込んでいませんか? 実は、使い方次第で一気に垢抜け顔になれる魔法のアイテム。普段のリップメークがマンネリになっている人は必見のテクニック満載です!

 

 

赤の中に黒を入れることで深みと奥行き感を

 

 

「リップのベタ塗りは時代遅れな感じが否めません。黒のスパイスを生かして、こなれた大人のリップを作ります。この技はプロが普通に使っているものですが、実は皆さんも簡単に取り入れやすいんです」

 

教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト・田中宏典さん
ラ・ドンナ所属。どんなジャンルもカバーするテクニックは綿密なセオリーに基づいており、美しくわかりやすいと評判。

 

 

キラキラしない黒が大人リップの鉄則

 

 

A ラ プティット ローブ ノワール リップ007 ¥3,600(ゲラン) B メイベリン リップ フラッシュBK01 ¥1,200(メイベリン ニューヨーク) C インスタントリップコンプリート グロッシーBKg23 ¥2,500(編集部調べ)(プレイリスト)D アナ スイ リップスティック S900 ¥2,800(アナ スイ コスメティックス)E ルージュ・アンテルディ・テンプテーション16 ¥4,000(パルファム ジバンシイ)

 

 

HOW TO MAKE

 

① 赤リップをブラシで唇全体にさっとのばす。直塗りでもOKだが初心者はブラシ使いがおすすめ。

 

 

 

② 塗った赤をティッシュオフ。油分をしっかり取り去るのが黒リップを綺麗に仕込むポイント。

 

 

 

③ 油分が取れて赤の色素だけが残った状態。油分を残すと次の黒と混ざりあって色がよれる原因に。

 

 

 

④写真のように黒リップを唇の中心の上下くっついた1/3の位置に。唇の真ん中に小さな唇を描く要領で。

 

 

 

⑤ ④でのせた黒以外の部分、つまり唇のアウトラインに再び赤をブラシで丁寧にひいていく。

 

 

 

⑥ ⑤でひいたブラシをそのまま黒い部分に。黒を広げすぎなよう注意しながら馴染ませ、ぼかす。

 

 

 

\完成!/

汚れたような黒の色味が、逆に美しい深みに。強い色のリップはべたっとした平面になりがち。唇の中央に黒で影をつけて。

 

 

 

\リップが主役だから服はカジュアルダウン/

 

 

\使ったのはこれ/

左・発色の美しいルビーカラー。スリー ベルベットラスト リップスティック21¥3,500(THREE)右・艶のないマットな黒。発色がよく密着性も高い。リップスティックイン ザ スピリット¥3,000(M・A・C))

 

 

 

2019年『美ST』1月号掲載
撮影/資人導〈vale.〉(人物)、山下忠之(静物)  ヘア・メーク/田中宏典(ラ・ドンナ) モデル/藤井やよい(TEAM 美魔女) スタイリスト/北橋野枝 取材/宇田川みさと