Saiさんが教えます。40歳・45歳・50歳の正しいファンデの塗り方

一言で同世代はくくれない! 5歳違えば、20代から使ってきたファンデのお育ち背景も、今の肌悩みだってバラバラなんです。美ST世代の悩みを熟知するSaiさんが、年代別に寄り添って詳しくレクチャーしてくれました。

 

 

毛穴落ちする40歳トントン塗り

 

 

 

\おすすめは凸凹に強い練り系ファンデ/

毛穴といえば鼻だったのが、ファンデを塗った瞬間に頰の毛穴が目立つようになり、人生初の毛穴落ちを経験した声も。40歳が好むオシャレブランドに豊富なソリッド系が◎。Aイヴ・サンローラン アンクル ド ポー オール アワーズスティック¥6,500(イヴ・サンローラン・ボーテ)B MiMC ミネラルクリーミーファンデーション SPF20・PA++¥6,500(MIMC)C CHICCA フローレスグロウ ソリッドファンデーション SPF43・PA+++リフィル¥5,000、ケース¥3,000(カネボウ化粧品)

 

 

自分メークは毛穴落ち→凹凸のない均一な肌に!

 

 

 

 

***

 

 

1.入念な保湿で毛穴をふっくら底上げ

 

毛穴落ちはクレンジング不足か保湿不足。スキンケアをしっかり馴染ませてからメークを。

 

 

 

2.つける量は極少量。さっと軽くのせて

 

練り系ファンデを肌に滑らせるように軽くオン。強く塗り込むと毛穴が開くので注意。

 

 

 

3.毛穴ポイントはトントントントン

 

指で優しく叩き込むのがキモ! スポンジを使う場合も細部は指のほうが密着。鼻の頭を横に倒せば小鼻もムラなし。

 

 

 

4.手の温度の力で馴染ませる

 

手のひらで押さえファンデを馴染ませて。手が乾燥していたら乳液などを手に伸ばせばしっとり。

 

 

 


 

 

くすみまくる45歳ミルフィーユ塗り

 

 

 

\おすすめは光を重ねる透けツヤクッション/

不調があれば何かと更年期?とすぐ疑ってしまう45歳は、ホルモンバランスの変化や血行不良でくすみが加速。ツヤの出る薄膜クッションを少しずつ重ねて、色ではなく光のヴェールでカバーするのが有効です。Aタンクッションエクラ SPF25・PA+++¥9,000(クレ・ド・ポー ボーテ)Bマイ アルマーニ トゥ ゴー クッション クチュール SPF23・PA+++¥8,500(ジョルジオ アルマーニ ビューティ)C エヴァーラスティング クッションファンデーション SPF50/PA+++¥6,000(クラランス)

 

 

赤みやくすみが気になる→色ムラなしの白ツヤ肌に!

 

↓ 

 

 

 

***

 

 

1.内蓋でファンデを均一にならして

 

ファンデを内蓋でよく馴染ませればパフに満遍なく色が入り手も汚れない!

 

 

 

2.頰にトントンのせシューッと伸ばす

 

明るくしたい顔の高い部分を起点にトントンしフェイスラインに向かってシューッと伸ばす。カバーしたいくすみには気が済むまでミルフィーユ。薄づきにしているから厚塗りになりません。

 

 

 

3.小鼻や目の際はパフを折って

 

細かい部分はパフを折り丁寧に。

 

 

 

4.白浮きしてない?ファンデ色も調整

 

くすみが気になったらファンデの色を変えるのも一案。一段暗い色なら白浮きせずカバー。

 

 

 


 

 

シワ段々になる50歳筆塗り

 

 

 

\おすすめは肌がふくらむ美容液ファンデ/

ファンデがスジになる50代は指塗り卒業! リッチ系美容液ファンデをブラシで丁寧に流すように塗れば肌が奥からふっくら、たるみも引き上げ。Aエクストラ リッチ グロウ クリーム ファンデーション¥10,000(SUQQU)Bアンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション SPF22・PA++¥9,000(Amplitude)C AQ ミリオリティリペア ファンデーション SPF20・PA++¥20,000(コスメデコルテ)Dディオール バックステージフルイド ファンデーション ブラシ ライトカバー¥6,000(パルファン・クリスチャン・ディオール)

 

 

自前肌は法令線くっきり→シワが消えツヤが出現!

 

 

 

 

***

 

 

1.ファンデを十分にブラシへ含ませる

 

液を筆にしっかり含ませます。密度があり毛先が細い筆は小回りが利き素早く均一な塗布が可能。

 

 

 

2.中心から外に向け持ち上げ塗り

 

シワもたるみも流すことで解消。顔中心から外に引き上げるように塗って。

 

 

 

3.法令線だけは塗っちゃダメ

 

どう頑張ってもスジになる大きなシワにはあえて塗らないこと。

 

 

 

4.額も上に上に引き上げ塗り

 

額もシワを切るように持ち上げて。手で触るとヨレの原因に。

 

 

 

5.目まわりは残ったファンデで薄く

 

皮膚がよく動く目元や鼻の下は最後に筆に残ったファンデを伸ばすだけ。極薄に仕上げます。

 

 

 

教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト Saiさん
レギュラーモデルから美魔女、読者モデルまで幅広く担当し美ST撮影に不可欠な存在。メークテクと優しい人柄が人気で現場で悩みを相談されることも多々。

 

 

 

2019年『美ST』4月号掲載
撮影/大瀬智和(人物)、新井修一(静物)  ヘア・メーク/Sai 取材/大山真理子 編集/矢實佑理