綺麗で人生を拓くREVITALize ME!宣言④自分のために、自分の足でどこまでも。電車の次は飛行機にも挑戦したい!

人生100年時代、いくつになっても新しい挑戦・新しい人生の1歩は踏み出せます。そんな前向きなチャレンジ=REVITALize ME!に挑戦した40代・50代の5人を連載でご紹介します。主婦業に邁進するあまり「自分らしさ」に迷っていた関口さんの小さな挑戦の数々に密着します。
関口真弓さん(40歳)主婦/TEAM美魔女
関口真弓さん(40歳)主婦/TEAM美魔女
今までの私は?
21歳で結婚して以来、行動基準が3人の子供の子育てや家事ばかり。子育て卒業のタイムテーブルが見えてきた最近、「ずっとこのままでいいのかな?」と疑問を感じることも。自分のための時間の使い方やライフスタイルを模索中。
乗れないと思っていた
電車に乗れたように
自分のための美しさに
挑戦しています
21歳で結婚してから今まで、「職業は主婦」と言い切れるほど、家事や子育て、夫の仕事のサポートに心血を注いできました。結婚した当時と変わらない体型を維持していることも、「家族のために綺麗なままでいたい」と思ってのことでした。

完璧主義の私は家の中ではゴロゴロすることはなく、常に家事をしています。家から1歩出てからが私の休憩時間。「たまには座ったらどう?」と家族に心配されるほど。子供たちの教育や進路では、将来の選択肢を最大限に広げるサポートを、親として果たしてきた自負があります。その反面、「自分のために何かをする」ということがありませんでした。どこかに出かけるときも夫に連れて行ってもらったりすることがほとんど。社会との隔たりを感じていました。

3人の子供たちは18歳、17歳、12歳と成長し、子離れ後の生き方を考えることが増えました。「今から私に社会で何ができるだろう?」と試すために挑戦した第12回国民的美魔女コンテストではファイナリストになることができました。今まで美しさにこだわってきた理由は家族のためでしたが、それが社会からも認められてとてもうれしかったんです。

そして、美STの撮影のために久しぶりに1人で電車に乗ることに。電車の乗り方も忘れているほどでしたが、「あれ、私東京メトロに乗って表参道を歩いてる!」と新鮮な驚きがありました。次はお買物で寄り道、次はカフェでティータイム、と何でもやればできると自信がつきました。次は1人で温泉に行っちゃおうかな、と思っています。

リバイタルを使ったスキンケアも、私にとってはそんな小さな挑戦の1つ。自分自身が輝くための美を模索し始め、肌測定を通して自分がまず何をケアすべきか知ろうとしたところ、水分量が不足し肌が悲鳴を上げていることに気づきました。青天の霹靂です。食事によるデトックスにこまめな体重調整にと「出す」ことばかり考えてきた美容から、年齢なりに足すことも必要だと実感。リバイタルのOFFしてからPLUSするという考え方に共感しました。

ふんわり柔らかそうな肌で誌面を飾る、それが今の目標です。私の肌に最も足りない潤いを、効率的に運んでくれるリバイタルはいつも手元に置いておきたいスキンケア。家族5人で支え合いワンチームだった我が家にも、少しずつ変化が訪れ、長男は4月から大学に進学し寮で生活します。子供たちが巣立っても自分らしく生き、家族を支えてくれた夫との未来でも妻を誇りに思ってもらえるような豊かな大人の女性になりたいです。
6年前の家族写真、長男がこの春大学へ
初めてのモバイルSuicaに挑戦
靴も歩きやすいものにシフト
背中を押してくれたのは
リバイタルのOFF&PLUSシステム
左、紫外線や加齢により増加する酸化皮脂などの汚れをしっかりOFF。「潤いが入りにくい」という人でも潤いがぐんぐん入る肌に。リバイタル クリーミーホイップ(洗顔料)125g¥3,850(資生堂)

中左、過酷な紫外線環境でも強く生きる紫色の植物から抽出された紫ファイブ※1の潤い力を角層深くまで浸透させて、みずみずしいツヤのある肌に。リバイタル ローション セラム(化粧液)販売名:資生堂 ローションセラム 180ml ¥6,600(資生堂)

中右、肌に潤いを届けるだけでなく、「光ダメージ」による乾燥も防ぎ、ハリ不足などのエイジングサインもケア。リバイタル ローション Ⅱ [医薬部外品]170ml ¥8,690(資生堂)
右、心地よいテクスチャーが角層の深くまで浸透し、ツヤとハリのある潤いで満たします。美白有効成分4MSK※2がメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。リバイタル エマルジョン Ⅱ[医薬部外品]130ml ¥9,790(資生堂)
REVITALってこんなブランド
「光ダメージ」に向き合う大人の女性を応援する高機能スキンケアブランド。「光ダメージ」による酸化皮脂などをきちんと「OFFすることから始めて肌を整え、肌に必要なモノをPLUSする独自のOFF&PLUSシステム」で「生まれ変わったような美しさ」に!
肌を見て気持ちを
前向きにするために
欠かせません
「乾燥しやすくしぼんだ肌でも、ふっくらと潤いを補うリバイタルがあるので、夫婦でよく訪れている宮古島でも、日差しによる乾燥を気にせず楽しむことができそうです(関口さん)」。
REVITALize ME!のためにしたこと①
もっと自分のことを知るために
肌測定で状態をチェック
肌測定
今まで若さや子育てを理由に、スキンケアに手間をかけずに手軽に済ませていましたが、美魔女になり一転しました。そのきっかけは肌パシャによる測定結果。乾燥肌で水分不足と判明。エイジングケア※3に目覚めました。
REVITALize ME!のためにしたこと②
蒸し野菜とスープのプチ断食で
健康的に体重管理
体重が500g以上増えたときや、旅行や外食が続いたときは2日以内に体重を戻します。理由は2日以上放置すると脂肪になってしまうから。デトックス、代謝アップ、冷え改善効果のある脂肪燃焼スープや蒸し野菜で健康になりながら素早く調整。
REVITALize ME!のためにしたこと③
ミネラルたっぷりの水で
内側から潤いを
ミネラルたっぷりの水
肌測定で乾燥肌であることが分かり、内側から潤いを補給するために水をこまめに飲むようになりました。今は、夫が箱買いしてくれたシリカ水を夫婦で愛飲しています。顔だけでなく全身美肌な女性でいたい。
REVITALize ME!のためにしたこと④
代謝を上げる
ヒマラヤ岩塩のお風呂で
きめ細やかな肌に
ヒマラヤ岩塩
発汗作用の高いヒマラヤ岩塩を入れて毎日1時間ほど入浴。代謝が上がり、老廃物も排出できます。筋肉をリラックスさせる作用もあり、ストレス解消、快眠にもいいみたい。
REVITALize ME!のためにしたこと⑤
ひと手間かけた
スキンケアステップで
肌のダメージをオフ
リバイタルのPLUS
3回に分けて肌をいたわるようになじませていくステップも、自分のためのスキンケア時間という気がしてうれしい。ローション状の美容液を肌の角層のすみずみまで浸透させ、潤いのぐんぐん入る肌を目指しています。
関口さんのお気に入りは
リバイタル ローションセラム
「普段から岩盤浴やリンパマッサージでケアすることが好き。リバイタルのOFF&PLUSシステムという発想も私の志向にピッタリでした」。リバイタル ローション セラム(化粧液) 販売名:資生堂 ローションセラム180ml ¥6,600(資生堂)
3日分のサンプルがもらえる!
「自信に変わる3日間」リバイタルチャレンジ
OFF&PLUSシステムを体感できるサンプルをブランドサイトにて配布中! 水美容液、洗顔料、化粧水(Ⅲ)、乳液(Ⅲ)のパウチサンプル4種類3日分(各6回分)を抽選でプレゼント。
たとえ小さな一歩でも、
毎日の積み重ねれば
人生も明るくなるはず
これまでの主婦として毎日に誇りを持ちつつ、自分らしく生きるための「小さな一歩」を積み重ねる関口さん。美魔女になったことも、リバイタルと出会ったことも、自分らしい美しさを手に入れるための「小さい」けれど「確実な」一歩になってくれるはず。未来の関口さんを想像するだけでワクワクした気持ちになります。
次回は……
ライブ再開に情熱を燃やす
小嶋奈津美さん(40歳)の
REVITALize ME!に密着!
5月13日公開!!
* 価格は参考小売価格です。(店舗によって異なる場合があります)
※1 シソ葉エキス、ローズマリー葉エキス、 ラベンダー花エキス、シャクヤク根エキス、キイチゴエキス(整肌・保護)※2 4-メトキシサリチル酸カリウム塩 ※3 年齢に応じた潤いケア
お問合わせ先/資生堂お客さま窓口
0120-81-4710(9:00~17:00/土・日・祝日を除く)
https://www.shiseido.co.jp/revital
撮影/風香(LOVABLE)〈人物〉、Youjin Lee(aosora)〈静物〉 ヘア・メーク/Sai 取材/金子美智子
PICK UP
注目記事