厚塗りはNG!【下まぶたの老け】を隠す正しい塗り方って?

目の下のクマや目袋のたるみなど、年齢とともに気になる下まぶたのエイジング。実はクマや影を隠そうとしてコンシーラーで厚塗りするのは間違いなんです。ヘアメイクの佐藤エイコさんに、クマの色別でしっかり隠せるアイテムと塗り方のコツを教えてもらいました。

【下まぶたの老け】には、多色コンシーラーパレットにクマタイプ別のカバー法をプラス

コンシーラーは厚塗りするとクマがうまく隠れません!しっかりカバーしようとコンシーラーやファンデーションを厚く塗ると、深いシワが目立って一気に老け見え。最適な色を選び薄塗りするとうまくいきます。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 佐藤エイコさん
雑誌、広告で活躍するトップアーティスト。女優からの信頼も厚い。美ST世代のため、私たちの悩みを的確に解消しつつ、トレンド感のあるメークを提案してくれます。

1:【青クマ】赤みがあれば下地でもポイントアイテムでも◎ 。血色を被せて青みをカモフラ 

若者の間では赤リップを使うテクが話題だけれど、私たちはピンクのフェイスカラーでトライ。左・自然な血色感。リリミュウ トーンアップカラープライマー パールピンク SPF29・PA+++ ¥1,760(コージー本舗)、右・頰、目元、唇に使える、赤みのあるパープルカラー。 ファシオ マルチフェイス スティック 20 ¥990〈編集部調べ〉(コーセー)
ファシオのスティックを使用。クマ部分だけでなく、下まぶたより広範囲に塗るのが自然に見せるコツ。血色よく見えるため、チークの役割も。コンシーラーを重ねるので、躊躇なく仕込んで。

2:【茶クマ】 茶ぐすみに最適なイエローでパッと明るい目元に

しっかり発色するイエロー。左・ツヤをプラスし健康的なトーンへ補整。 フーミー コントロールカラーベースN イエローグロウ SPF21・PA++ ¥1,980(Nuzzle)、右・色ムラを補整し均一な肌へ。 ナチュラグラッセ カラーコントロール ベース 03 SPF32・PA++ ¥3,520(ネイチャーズウェイ)
ナチュラグラッセを使用。黄色は、沈んだ肌色を明るく均一に見せます。クマが隠れるだけでなく、ちょっと目の下が明るすぎるかな?くらいが正解。この後にコンシーラーを重ねればナチュラルに。

3:【目袋】目袋下の影にコンシーラーでフラットに整えます

あらゆる肌悩みを1本でカバー。 シークレット カモフラージュ ブライト アンド コレクト デュオ 全12色 ¥4,070(ローラ メルシエ ジャパン)
コンシーラーで肌色を整えた後、目袋によって影になっている部分に明るめのペンシルコンシーラーを重ねます。影をしっかりと消すことで、目袋の存在感がかなり薄まります。

3つのクマタイプに共通して使えるのが【多色コンシーラーパレット】

密着力があり、肌トーンを整えて素肌をワンランク格上げする4色パレット。標準色ならば右上の色、明るめの肌なら左下の色を使い、クマ部分に重ねます。上・トーンパーフェクティング パレット 01 ¥4,950(コスメデコルテ)
①下地を先に仕込む場合は、コンシーラーが綺麗にのるようしっかりと肌に馴染ませ、まぶた全体に薄く均一についた状態にします。
②ブラシでコンシーラーを取り、下地を塗った部分に薄く重ねます。肌色がほかの部分と馴染むように、塗る厚さをコントロール。
③指で、顔の他の部分と境界線がわからないようにぼかします。こすると取れてしまうから優しく馴染ませて。

こちらの記事もおすすめ



2022年『美ST』6月号掲載
撮影/城 健太〈vale.〉(人物)、 大槻誠一(静物) ヘア・メーク/佐藤エイコ〈ilumini.〉 スタイリスト/菊地ゆか モデル/吉村ミキ 取材/吉田瑞穂 編集/長谷川千尋