3年ぶり!【ディズニー・ハロウィーン】を大人が楽しむコツは?

3年ぶりに戻ってきた「ディズニー・ハロウィーン」イベント。コロナ過で自粛していたイベントも今年はちょっとだけ通常に戻り、ゲストたちを楽しませてくれています。今回はそんなディズニー・ハロウィーンを美ST的大人ディズニーの楽しみ方でご紹介します。まずは「大人ディズニーバウンド」を美魔女の小谷清子さん(41歳)が楽しんだ様子をリポートします。

ディズニーバウンドって何?

「ディズニーバウンド」とは私服コーディネートでキャラクターになれちゃうプチ仮装のこと。3年ぶりにゲストの全身仮装がOKになった東京ディズニーリゾートですが、さすがに全身仮装するのはちょっと…という美ST読者のみなさんにぴったり。まず小谷さんがなりきったのはシンデレラ!
シンデレラといえばパステルブルーに白の組み合わせが定番。スカートとストールをブルーでまとめました。スカートはあえてレース素材のロングタイトで大人感を出し、インナーをホワイトに。せっかくプリンセスになれたのならば、背景もそれなりに!ということで、シンデレラ城をバックに撮影してみました。
シンデレラの定番、まとめ髪♡ ヘアアレンジは夜会巻き風のアップにして、大き目のパールピアスでシンデレラ感をプラス。
ディズニーバウンドで一番わかりやすいのが白雪姫。ブルーのニットにシフォン素材のプリーツスカートのコーデで。東京ディズニーランドのファンタジーランドにある白雪姫の井戸で撮影を。
白雪姫と言えばブルーとイエローにリンゴの赤、の3色ということで、赤の色味が入ったチェックのマフラーを。ミニバッグも赤色で白雪姫感を出して。足元はあえてスニーカーにしてカジュアルダウンを。白雪姫カラーのブルーと赤をポイントに。

東京ディズニーシーでもディズニーバウンドが楽しめます

東京ディズニーシーではラプンツェルとダッフィーのディズニーバウンドを楽しみました。
ラプンツェルと言えば川と舟がキーワード。アラビアンコーストの水辺で撮影しました。ラプンツェルのドレスの色を真似してパープルのカーディガンとスカートを合わせて、インナーはあえて白を入れて大人っぽいコーディネートに仕上げてみました。パープル×お花のラプンツェルは真似しやすいですよ!
ラプンツェルといえばお花が編み込まれた長い三つ編みのヘアスタイル。お花を飾るのは大人には少しイタくなってしまいそうなので、三つ編みのみに。髪の毛にお花を付けない代わりに、インナーのキャミをお花モチーフのついたものにしてみました。
初心者におすすめなのが、ベージュ系でまとめればすぐにできるダッフィーコーデ。何気にダッフィーコーデ率が一番高いかも。濃いベージュのワンピに薄いベージュのロングシャツの2色を合わせてベア感をアップ。撮影場所はダッフィーたちが暮らすケープコッドで。ここはかわいい背景がたくさんあるので、おすすめです。
こんな雰囲気のある所も見つけちゃいました。ケープコッド・クックオフの裏手にある古屋風の建物の前で。


「大人ディズニーバウンド」いかがでしたでしょうか?
これなら大人でも楽しく気軽にディズニー仮装を楽しめますよね。「ディズニー・ハロウィーン」は10月31日まで開催しているのでぜひ行ってみてくださいね!ちなみにディズニーバウンドならイベント期間以外でも着用OKですよ。

こちらの記事もおすすめ



撮影/中林香 取材/西岡直美 ⓒDisney
PICK UP
注目記事