夫婦関係で大切にしていること

こんにちは!婚活マスター美魔女の吉沢詩乃です。

お仕事では女性向けの婚活塾の経営、メディアへの出演・執筆、恋愛や婚活についての書籍2冊を出版しています。

今ではそんな機会をいただいている私ですが、実は以前の結婚生活では本音でのコミュニケーションが取れないためにパートナーシップを築くことができず、離婚をした経験があります。

そこから自分なりに心理学やコミュニケーションを学び、数百名の男性へのリサーチを重ねて男性心理を理解し、やっとパートナーと幸せな関係を築くコツがわかってきました。

不器用なタイプなのでだいぶ年月がかかりましたが、今は心から信頼できる夫と、何でも話せる関係を築くことができています。

今日は、七転び八起きを経て私が学んだ「夫婦関係で大切にしていること」をシェアさせてください♡
休日はコーヒーを買いに行くのが夫婦の習慣です

たくさん話す&なんでも話す

パートナーシップは「コミュニケーションの質と量」次第だなと感じています。パートナーシップがうまくいかなかったときは、相手の顔色をうかがって本音を話せず、会話自体も少ないままでした。

コミュニケーションの量は、会話の回数と時間。
コミュニケーションの質は、本音でいかに話せるか。

普段はすっかり忘れて日々を過ごしている瞬間もありますが(笑)、お互いを思いやる気持ちと会話をすることを大切にしています。

例えば土曜日は家族の日として予定を空けておいたり、定期的に2人で食事に出かけたり。特別なお出かけじゃなくても、カフェに行ってコーヒーを飲んでゆっくり過ごすことが習慣になっています。

毎日なんだかんだとやることが多いと、会話も減っていきがちですが…。どこかに出かけると、いつもよりゆっくりと話せるような気がしています。
表参道・川上庵のうまき♡夫婦ランチで伺いました

どちらも、それぞれ正しい

一緒に生活をしていると意見が食い違うこともあるけれど「意見が合わない=どちらかが間違っている」訳ではない、という視点も忘れないようにしています。

「え?普通こうじゃない!?」の普通は、もしかしたら自分だけの「普通」かもしれないし(笑)、それぞれ意見が違って当たり前。だって、違う人間ですもの。

プランA・プランBとそれぞれ食い違ったときは、2人が幸せでいられるプランCを一緒に見つけるようにしています。

その日に食べたい夕飯からして違ったりするのだから、「2人とも幸せ」な着地点を見つける上手になった方が、楽チンというもの。意見を戦わせるよりも、プランCを見つけるようにしています。
久しぶりの表参道散策は、秋晴れで気持ちよかったです
いまの夫婦のゴールは「20年後にハワイでディナーをしながら子育てやこれまでを振り返る」こと。

日々の生活でちょっとした小競り合いはありますが(笑)、ずっと仲良くいたいよね、という気持ちとイメージを持ち続けていきたいです。

自分自身の次に長い付き合いになるであろう、パートナー。これからも関係と会話を積み重ねていけたらいいなぁ、と思っています。
婚活マスター美魔女
吉沢詩乃
女性の本音に迫った美STの内容に衝撃を受け、8年前から愛読。恋愛婚活塾所長の仕事を通し、年齢をネガティブに捉える女性の多さを目の当たりに。年齢を重ねる=魅力の積み上げ、と考えられる社会作りに貢献したい。何歳からでも、いつからでも、自分を好きになって幸せなパートナーシップを築く女性を増やすことが目標です。
PICK UP
注目記事