【佐田真由美さんも愛用!】クレ・ド・ポー ボーテの名品美容液「ル・セラム」がすごい理由

「手をかけた分だけ応えてくれるから、
これからの肌すら楽しみに変わります」

年齢を重ねるにつれてコスメの効きがイマイチだったり、肌コンディションが思わしくなかったり、エイジングケア※1に悩んだ時に一品導入したいのがラグジュアリー美容液、〝ル・セラム〟。最近〝お肌の曲がり角〟を実感されたという佐田さんの、生き生きとした輝きを放つ肌のそばにもその存在があったようです。

シンプルで上質な
一品を選ぶことが
多忙でも頑張りすぎない
ケアのベストバランス

1977年生まれ。数多のファッション誌で活躍。現在もモデル、ジュエリーブランドディレクター、2児の母として多忙な日々を送る。スキンケアが毎日の楽しみというほどのコスメ好き。
 
45歳を過ぎて、それまでとはレベルの違う肌の乾燥を感じるようになり「お肌の曲がり角ってこれだ!」と実感。気になっていたル・セラムを使い始めました。さらっとしているのに瞬時に馴染んで、つけた後の肌がなめらかに。これだけでも十分なくらいですが、その後のローションの馴染みも格段によくなり、肌が満足するのを感じます。これぞブランドの研究力の賜物!安心、信頼して使い続けられるコスメと出合えたことでスキンケア熱がますます高まりましたし、それだけで前向きな気持ちになれます。無理はしないけれど年齢だからと諦めたくないし、娘たちにもチャレンジしている母の背中を見せ続けたい。美について厳しい家族に良い刺激をもらいながら(笑)、自分を愛でつつ、心地よく歳を重ねていきたいです。
スキンケアは大好きなルーティン、どんなに疲れていても欠かしません。スペシャルアイテムを投入する意味がよくわかる年代になって、ますます楽しめるようになりました。

大人が手に取るべきは
研究に裏打ちされた
クレ・ド・ポー ボーテの
圧倒的信頼の美容液

「肌の知性」に着目した独自開発の保湿、整肌成分スキンイルミネイター※2配合。洗顔後すぐの肌に使用することで肌を守り、うるおいのある柔らかくなめらかな肌へと導きます。ル・セラム[医薬部外品] 50㎖ ¥27,500(クレ・ド・ポー ボーテ)

世界に誇る、
日本の研究の成果が
詰まっています

40年間積み重ねられた研究から開発されたスキンイルミネイターなど、常に先を行く知見や技術、処方を結集したラグジュアリーライン。その中核をなす美容液ル・セラムは、未来の肌に希望を持たせてくれる名品です。

美ST統括編集長・49歳・桐野安子

花が開くように溢れ出す
ツヤで肌も心も
満たされた幸せ肌に

洗顔後最初に何をつけるかがその日の肌の大きな決め手になると思うので、ファーストステップはケアの最重要事項です。朝も夜も塗った後すぐに、肌がふっくらして見えて輝き出す感動はル・セラムならでは!人生を後押ししてくれる美容液です。

美ST ライター・48歳・川上桃子

キメを整えて
ツヤ肌に仕上がる
ここ一番の時に必須の美容液

テクスチャーやもっちりした使用感や香りも好きですが、何よりツヤのあるイキイキした肌になれるところがお気に入り。メークのノリが良くなるので、日常使いはもちろん、ここぞという予定のある朝には欠かせません。
使うたび、見るたび、
心まで満たされる
圧倒的美しさの
2022ホリデーコレクション
夜空に浮かぶ星座から「生命の輝き」に着想を得た、ブランド誕生40周年のホリデーコレクション「Radiant Sky Collection」を全12品発売中。ル・セラム2022[医薬部外品] 50㎖ ¥27,500※数量限定品(クレ・ド・ポー ボーテ)
ル・セラムにはじまる
〝キーラディアンスケア〟を
カウンターで体感して
ル・セラム、化粧水、日中用・夜用2種の乳液と続くクレ・ド・ポー ボーテの基本ライン〝キーラディアンスケア〟を体感できるサンプルセットを、カウンセリングのうえプレゼント。11/1~12/31まで。
お問合わせ先/クレ・ド・ポー ボーテお客さま窓口
0120‐86‐1982
(9:00~17:00/土・日・祝日を除く)
URL:www.cledepeau-beaute.com/jp/
Twitter:@cledepeau_japan
Facebook:www.facebook.com/cledepeaubeaute
※1 年齢に応じたうるおいによるお手入れのこと
※2( 保湿・整肌)配合(加水分解シルク、加水分解コンキオリン、テアニン、トウキエキス、シソエキス、グリシン、グリセリン、PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル、トレハロース)
【メインカット】ニット¥48,400(EBONY) ピアス¥33,000 パールキャッチ¥14,300ネックレス¥71,500リング[薬指]¥96,800[小指]¥48,400(すべてPRMAL)

撮影/峠 雄三〈人物〉、藤本憲一郎(A.K.A.)〈静物〉 モデル/佐田真由美 メーク/島田真理子(UM) ヘア/Go Utsugi(PARKS) スタイリスト/吉村結子 取材/森島千鶴子 デザイン/秋穂佳野

PICK UP
注目記事