【美魔女ファイナリスト】自然なメイク いかに自分らしく!美容にまつわるエトセトラ⑤

京菓子美魔女 谷川利恵子です。
今日はメイクについてのお話しです。私は大学生の頃は凄く濃いメイクをしていました。ファンデーションも凄く厚塗りで写真を撮ると真っ白な状態です(笑) ある時、見ず知らずの方ですが、忘れられない女性に出会いました。今でも忘れられない女性です。その人は全くと言って良いほどお化粧はされてませんでした。それなのに、素晴らしく美しく、立ち居振る舞いも目を見張るほど美しい。目を奪われました。

ご主人は外国の方で、愛されておられるのも二人の様子でわかりました。鉄板焼きで横の席に。少しお話しも出来ましたが寡黙な感じがしました。あんな美しい人になりたい! 衝撃が走りました! ありのままの姿の美しさにまさるものはないとその時に思いました。よく考えると男性はお化粧をしませんよね。でも化粧しなくてもカッコイイ人はカッコイイ!(^^)! その時から、お化粧は薄くしようと思い始めました。人の出会いで考え方まで変えてしまう。そんな影響力のある人になりたいと思いました。

アイメークも、肌の土台が大事です。ファンデーションを塗らない、メイク下地をご紹介させていただきます。今回、東京での撮影の折、プロのメイクアップアーティストさんにメイクをして頂き、お化粧は本当に薄くされて、凄く勉強になりました。肌に何もしないのが一番美しいんだとおっしゃっていました。その通りだと思います。

【メイク下地手順】

1.スキンケア後、ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ
  (日焼け止め乳液・化粧下地)ピンクベージュ。を薄く顔全体に伸ばす。
2.気になる部分をローラメルシエのコンシーラーでカバーする。(目の下のくま、しみなど)  
3.瞼の上と眉毛の上に薄くローラ メルシエ シークレットブライトニングパウダーを筆でつける。
4.目の下、おでこ、鼻の上、あご、にTHREEのシマリング グロー デュオ01を筆で薄く伸ばす。
5.4と同じ箇所にクレ・ド・ボーボーテ ル・レオスールデクラ 202を添え付きの筆でなぞる。 
これでお顔の下地は完成です。後はアイシャドウとアイブロウ、マスカラ、口紅で完成です!(^^)!
クレ・ド・ポーボーテのフェイスカラーはモデルの美香さんがご紹介されているのを見てすぐに購入してみました。最近のお気に入りで必ずつけています。凄く艶肌になります。アイメイクやアイブロウ、口紅のご紹介ははメイクアップの回でご紹介させていただきます。今日は顔の下地のご紹介をさせていただきました。
ラ・ロッシュポゼとローラメルシエのパウダー
ローラメルシエ コンシーラー2色
THREE シマリング グローデュオ01
美香さんがオススメされていたクレ・ド・ポーボーテ202
ひと塗りするだけで、キラキラの艶肌になります(*^^*) 頬の一番高い所、目の下に一撫でします。
Gジャンとブーツコーデ

[今日のコーディネート]

秋になり、コートを着る前のおしゃれができる季節になりました。最近出番がよくあるのがGジャンです。この季節、重宝に着回しています。今日は黒いGジャンに黒のスカート、カバンはベージュの小さいサイズにしました。上下黒のお洋服の場合、カバンを明るい色を持ってくると、差し色で全体が明るくなります。

ブーツはルブタンのキャメルのハーフブーツで合わせています。足にしっかり馴染み、凄く履きやすいブーツです。茶色のルブタンは珍しく、凄く綺麗なキャメルでしたので、一目惚れで購入しました。黒コーデの中に、ベージュとキャメルを入れるだけで、全体が明るくなり、秋の装いになったと思います。
京菓子美魔女
谷川利恵子
好奇心旺盛で、決めたことは精一杯やり通す性格です。和菓子屋の女将として、皆に協力してもらうためには、相手の心を知り相手の立場に立ち考えることの大切さを学びました。あの人の笑顔を見ると元気になれると言われるような、人を幸せにする美魔女になるのが目標。また、京都の美味しいもの、季節ごとの魅力も伝えたい。
PICK UP
注目記事