【ママ友ランチ・ホムパ&クリパ・同窓会】読者実例【視線を奪う】みんなのシチュエーション別メークポイント

人が集まる場所でキラリと光ってみんなの視線を奪う人、必ずいますよね。ランチ会やホムパなど、みんなの中の自分がどんな風に映るのか、調査しつつ人が集まるシチュエーション別にメークの正解を探ってみました!
 

<ママ友ランチ>自然光と同性目線のレストランランチにはポーチ持参でしっかりお直し

昼間の陽光が降り注ぐ明るいレストランで、イキイキと輝いて見えたら最高!「なんかいいことあった?」って聞かれるメークは、ツヤ肌とピンク系の色物、落ちないメークの工夫でした。
【肌は毛穴レス&崩れないメークで】
清水 藍さん 42歳・美容サロン経営
現在は新たな起業準備中。ランチ会は楽しいひと時でもあり、美容の参考にも。メークは薄く明るくナチュラルに。
美肌維持、お直しにもカバーマークのファンデ。唇はローラ メルシエとKパレット。眉はBCL、目元はルナソルで。
【透明感あるツヤ肌はパウダーの2色使い】
舍川有美さん 52歳・会社員
家事と仕事で多忙ですが、気の合う仲間とランチしてリフレッシュしています。メークはツヤと目力アップ重視。
シャドウはセザンヌとM・A・C、リップはYSL。アヴァンセのマスカラで目力UP。パウダーはM・A・CとエレガンスW使用。
【昼はベースがポイントメークもナチュラルに】
須藤真琴さん 37歳・会社経営
はっきりした顔立ちなので、しっかりメークだと濃い印象に。昼の食事会はナチュラル重視で素肌っぽく血色アップ。
自然光の下だとベースのアラが目立つので極力薄めに仕上げコスメデコルテのピンク系チークで血色と明るさをプラス。
【崩れは綿棒で調整して潤いもチャージ】
橋場陽子さん 38歳・整理収納アドバイザー
地方から同業の片付けインストラクターが東京に来るときにはランチ会を。一番年下の私はナチュラルメークが鉄則。
崩れたらさっと落として潤いプラス。インテグレートのチーク、オルビスのリップ、コスデコのパウダーで血色復活。
【明るい日差しを味方にツヤとピンク系色物で】
サボチェンコ有美さん 35歳・バレエ講師
仕事中心の生活のため、ママ友とランチをする時間は貴重。普段のきちんと見えメークから優しい雰囲気にチェンジ。
コスメデコルテのピンク系リップで優しさと潤いを。アユーラのブライトアップパウダーでツヤ感をプラス。
 

<ホムパ・クリパ>室内の蛍光灯で映える、母や妻として幸福感を感じる色みの頰や唇がポイント

男女が集まる夜のパーティではあるけれど、夫に恥をかかせないようにする主婦目線のキレイメークという側面も。忙しく立ち働くことも多いので、ポケットに忍ばせてササッとお直しできるものが便利です。
【クレヨンタイプはラインも直塗りでさっと描けて便利】
五上明子さん 44歳・ブライダル業
美容コスメ情報を収集するのが趣味。友人との話題も美容に関すること。ポケットに入れられるリップはパーティに重宝。
エトヴォスのミネラルクレヨンルージュのヌードテラコッタは繰り出し式のクレヨン。ひと塗りでソフトマットな唇に。
【ふっくら&艶やかな唇で若々しく!】
前田順子さん 45歳・主婦
ホムパではおしゃべりを楽しみたいので、なるべくメーク直しをしないよう落ちないティントリップを使っています。
艶やかな淡いピンクで色落ちしにくくパンプアップ。エスティ ローダーのピュアカラー エンヴィリップボリューマイザーN。
【クリアな発色&ツヤのある質感でほんのり】
松岡由紀乃さん 48歳・ネイリスト
友人を自宅に招いてよくホムパを開きます。クリームチークで血色をアップしておくと丁寧にメークした印象になります。
コスメデコルテのクリームブラッシュRD451はササッと塗っても軽く伸び広がり、肌にしっとり溶け込みます。
 

<同窓会>アンバーな暗めの光と男女の目線には、崩れず上品な光り物コスメが活躍

久しぶりの同窓会では、旬のメークアイテムやファッションで軽やかに臨みたいもの。ちょっと暗めのライティングに映える光り物メークアイテムや落ちない崩れないコスメが必須です。
【神秘的なバイオレットカラーのハイライター】
志水羊子さん 46歳・輸出業代表
仕事での打合わせも同窓会も夜が多く、そのお店の光を意識しながら目元にポイントを置いてメークしています。
透明感のあるツヤと女性らしい血色感をプラスするために必須のrms beautyのCKアメジストローズルミナイザー。
【頑張りすぎに見えないさりげない光がポイント】
生峰三枝子さん 39歳・主婦
ちょっと特別な夜は暗い照明でもボケないようTゾーンのハイライトや普段は入れない黒アイライナーで目を強調。
MiMCのミネラルリキッドシャドー02は薄づきで密着して、発光するような上品なツヤが出せるので夜の外出に。
【つい時間を忘れても崩れないのがマスト】
原 純子さん 42歳・主婦
お酒が入る長時間のパーティでは崩れにくさを重視。前日までに肌を整えて、落ちにくいリップで華やかさ持続。
塗っていることがわからないくらいテカらず自然に眉をコーティング。ケサランパサランのアイブロウコート。
2019年『美ST』12月号掲載
撮影/高梨浩二(人物)、五十嵐 洋(静物) ヘア・メーク/Sai 取材/大佛摩紀、中井川桂子、兵藤美香、山田頼子 編集/小澤博子