【ホリデーシーズンにおすすめ】忘年会・クリパ・新年会で使える40代の赤メーク【お出かけメーク】②

真紅のルージュ、血色チーク、色っぽシャドウ。いつの時代も赤は女の味方。纏うだけでパワーが出て、フェロモンが満ち、気持ちも上がる。慣れた日常に刺激が欲しいときこそ、赤のチカラが頼りになります。

大人の秘めた色気を【透け赤の唇】が引き出してくれる

もっと気軽に赤を取り入れたいなら、透けた朱赤リップが今年っぽい。日本人の肌色に馴染みやすいオレンジのニュアンスが、頑張っている感をなくしてヘルシーな印象。いつもは隠している大人の余裕と色気を垣間見せて。

\これを使いました/

みずみずしく発色するヘルシーな朱赤リップ。「薄膜でピタッとフィットして、唇にウォータリーなツヤを与える赤リップ。明るい色を絶妙に透かしてフレッシュに」。ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ウォーターステイン 618¥4,300(イヴ・サンローラン・ボーテ)

茶赤ブームの火付け役、ローラの5番ならひとつ上いく赤リップに

唇がブラウンレッドなら目の存在感も重要。イエローオレンジのシャドウを縦長に広くのせ、茶色のライナーでまつ毛ぎわ少し長めとインサイドにも。チークは影色を淡く全体に。
今秋を象徴する茶赤はひと塗りでおしゃれ!見た目より赤く発色。塗り方次第で薄くもハッキリも自在。赤ベージュより洗練度がアップ。ローラ メルシエ ルージュ エッセンシャル シルキー クリーム リップスティック 05 ¥3,600(ローラ メルシエ ジャパン)
2019年『美ST』12月号掲載
撮影/峠 雄三〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 ヘア・メーク/林 由香里(ROI) スタイリスト/入江未悠 モデル/秋本祐希 取材/大山真理子 編集/長谷川 智 撮影協力/BACKGROUNDS FACTORY