<2019年下半期ベストコスメ&2020年春の新作コスメ>千吉良恵子さんの40代の【2020年最新春メーク】その1

2019年下半期のベストコスメメーク大賞アイシャドウ部門1位を受賞したランコムのイプノ パレット。3種のスパイスカラーとベーシックカラーを揃えた11番は発色だけでなく、マットやパール、ソフトマットと質感も違い、組合わせやのせ方次第で印象がガラリと変わるのも人気の理由。ソフト、クール、色っぽい。春の新作コスメと合わせることでいくつもの顔が楽しめます!

色と質感のバランスで叶える優しい大人モード

目元はオレンジを際立たせ、リップの彩度を低くし、アイライナーで締めず重さを調整。バランスを調節すれば、囲みアイでもモードにならず、大人に絶妙なかっこよさが完成!リップに選んだ透けミルキーピンクのグロスとは違うツヤ感とシルバーパールも新しい。

\これを使いました/

昨年のベスコスとして多数の識者が名指ししたパレット。質感と発色が異なる5色を組み合わせることでメークの幅が広がると支持を集めました。色番も豊富で、千吉良さんは04番などメークさんごとにNo.1が分かれるという現象も。2月には新色が追加になり全11色に。イプノ パレット 11 ¥6,800(ランコム)
左/ベージュピンクにシルバーパールが絶妙にMIXされ、ベビーのようなピュアさを表現。ルージュ ヴォリュプテ ロックシャイン 1 ¥4,300〈2月5日数量限定発売〉(イヴ・サンローラン・ボーテ)右/2色を混ぜて使用。頰にイエローを選ぶのがトレンド。軽くフレッシュな印象に。ピュア カラー ブラッシュ119 ¥5,500〈限定色〉(SUQQU)

How To Make

① ベース色を広めに塗りまぶたの色を整えます
1をアイホールに塗りまぶたの色を整えて。ベースカラーを仕込むことでオレンジの発色を調節する役割も。
② まぶたをオレンジ色に染めて優しい印象に
2を二重幅よりやや広めに、目尻側が幅広になるようにのせます。オレンジに彩ることで優しい印象の目元に。
③ 締め色のライン使いで軽やかな印象に
アイライナーで締めず5を目尻から目頭まで塗りシャドウライナーに。優しい発色が抜け感につながります。
④ 下まぶたにボリュームを出して目の位置補整
チップを縦にし下まぶたの目頭から目尻に向かい2をのせて。目のボリュームが下がり縦幅の大きさがUP。
⑤ 下まぶたもシャドウライナーで優しく強調
5を下まぶたにものせます。目頭側1/5をあけ、まつ毛が生え始めあたりから目尻までにのせて囲みます。

\完成!/

教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 千吉良恵子さん
女優やモデルからの指名が絶えず、美ST読者の「好きなメークさん」ランキング上位常連。時代感を漂わせつつ、品性を感じさせる丁寧なメークは圧巻。「メークは楽しい」が口癖。
2020年『美ST』3月号掲載
撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(人物)、小林美菜子、五十嵐 洋(静物) モデル/樹神 ヘア・メーク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/菊地ゆか 取材/大山真理子 編集/漢那美由紀