<イガリシノブさん×橋本マナミさん>【白みパープル】で一気に春顔!40代の【春メーク】

カラーメークが大旋風を起こしている2020年春。40代でも楽しめるカラフルな春メークをヘアメークアップアーティストのイガリシノブさんが教えてくれました!

春の色は淡く儚げフレッシュな透明感を意識して

春って、花々を筆頭に生命が芽吹く季節だよね。でも、夏みたいに花びらはまだ、色が濃くない。淡く儚げで、フレッシュなんです。例えば春の光の下では、顔に落ちた影も青く見える。そんな早春の透明感を色に変換して、顔にまとわせるととびきりフレッシュに見えますよ。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト イガリシノブさん
自由でユニークな発想と、緻密なバランスの計算から導いた解を、同時にテクニックとして繰り出せる、いわば天才。プロデュースするコスメブランド・フーミーも大人気。

How to Make-up

・EYE/ナチュラグラッセのシャドウを指に取り、二重ラインをはみ出すくらいの幅で塗ります。フーミーのチークを重ね、色が出るまでくり返します。
・CHEEK/フーミーの左2色を混ぜ、ブラシを大きくストロークして頰全体を染めます。
・BASE MAKE/リキッドとパウダーで薄く。
・LIP/2色を重ねて立体感のある口元に。

\これを使いました/

黄みのバランスが絶妙なチークは頰全体に大きく入れて。肌を明るく見せるイエロー&オレンジの3色パレット。フーミー ブレンドチークカラー サンフラワー¥1,800(clue)
アイスブルーとベージュをミルフィーユ塗り。左から、瑞々しい透明感を与えるミントブルー。ナチュラグラッセ タッチオンカラーズ(パール) EX01P ¥3,200〈限定色〉(ネイチャーズウェイ)、ジルスチュアート アイコニックルック アイシャドウM405 ¥2,200(ジルスチュアート ビューティ)
青みパープルをなじませるためにダークレッドをこっそり。左から、直塗りで指でぼかしたようなこなれ感。ルナソル シームレスマットリップス EX01〈限定発売〉¥3,800(カネボウ化粧品)、青みと赤みを含んだ色なので、血色を補いつつ、透明感を引き出す。カネボウ N-ルージュ 114 ¥4,000(カネボウインターナショナルDiv.)
全体にカネボウのパープルリップを直塗りしたら、口角と口角を、唇の内側のラインで真一文字に結ぶようにルナソルのダークレッドを重ねて。奥行きを感じる絶妙なグラデーションの唇に。
2020年『美ST』4月号掲載
撮影/岩谷優一(vale.)〈人物〉、大槻誠一〈静物〉 ヘア・メーク/イガリシノブ(BEAUTRIUM) モデル/橋本マナミ スタイリスト/吉村結子 取材/吉田瑞穂 編集/長谷川 智