藤原美智子さんが教えます!40代・50代の正しい【基本のメーク】法

40代・50代がやりがちな平均メークは知りうるテクを総動員した細部までこだわりを感じるしっかり美人メーク。でも、ちょっと今どきじゃない。メークも抜け感が大事。メーク界のレジェンド藤原美智子さんが40・50代の正解メークを教えてくれました。

メークも常に断捨離!頑張らなくなったら顔も心も軽くなる♡

今は抜け感が重視される時代だから、頑張りを感じさせてはダメ。色白肌とか大きな目とか、わかりやすい結果を求めてメークをしているなら、考え方を変えたほうがいいかも。見た目には軽やかで抜けていて、でも実はちゃんと仕込みをしているのが今の大人メーク。流行をそのまま取り入れるのではなく、やっぱり肌にカバー力は欠かせないし、くすみ飛ばしにはパールの力が有効。見えないテクニックを細かく重ねて、透明感や品性、色気までも演出しましょう。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト 藤原美智子さんさん
長年メーク界を牽引するレジェンド的存在。流行を考慮しつつ、いつの時代も品格と色っぽさ、意思を重視し計算された質の高いメークを提案。大人女性に圧倒的な支持を得ている。

●アイブロウ

軽くて作りすぎないナチュラル眉が最新
形を作りすぎないのが今時。「抜け感を出すために色を薄くするのは逆効果。輪郭をぼかすと軽く見えます」

●目

繊細に作られた目元に透明感と品性が宿る
ワントーンシャドウ、目幅ライン、自然なまつ毛など、「目立たない仕込みを重ね頑張りを見せないのが上品」。

●チーク

自然に馴染む血色感がヘルシーな色気に
自然に上気したような頰が健康的。「境界線を作らずヘルシーに馴染むチークを仕込むのがトレンドです」。

●ベースメーク

ツヤ重視の薄膜肌ですっぴん美人と錯覚
適度なツヤと透明感が重要。「下地とファンデ、ハイライト、コンシーラを部分的に重ねて薄膜肌を作って」。

●リップ

リップを替えるだけでトレンドを感じる顔に
時代が一番現れるのは唇。「大切なのは色より質感。今リニューアルするならふわマットのピンクベージュ」。
2020年『美ST』4月号掲載
撮影/浜村菜月(LOVABLE) ヘア・メーク/藤原美智子(LA DONNA) スタイリスト/菊地ゆか モデル/田中 恵 取材/大山真理子、山田頼子 編集/小澤博子