今大人気!40代でもできる【チャイボーグメーク】ベースメーク編

オルチャンメークの次にくると若いコの間では常識になりつつあるチャイボーグはチャイナ+サイボーグの造語なんです。中国美女のように抜け感ゼロの完璧メーク。粗をすべて隠してくれるのでサイボーグのような美しさが手に入るのです。

目指すはファン・ビンビン!常識を覆すメーク術でチャイナ美女へ

右が普段のメーク、左がチャイボーグメーク。色白な肌にキリッと強めな眉毛。女らしくて色気のある大きな目と真っ赤な唇。華やかで現実離れしている美しさのある美人が目標。
教えてくれたのは……ヘア・メークアップアーティスト Georgeさん
雑誌やテレビなどで活躍するヘア・メークアップアーティスト。韓国メークも得意で、次に注目しているチャイボーグメークにも精通。インスタグラムも人気でライブもためになると評判。

下地はとにかく白くマットに!ツヤなんていりません

Point1:首まで白く塗り顔とつなげて白浮きさせない

顔は内側から外側に向かって塗るのが基本。首からデコルテにかけてと、手の甲にもしっかり塗ると、血管もカバーされてキレイに。

\使ったのはこれ/

KATE ケイト フェイス &ネックホワイター
自然で浮きにくい色白肌がつくれます。首まで塗りやすいリクイドタイプ。SPF14・PA++¥1,600(編集部調べ)(カネボウ化粧品)

Point2:華やかさと透明感を出すパープルベース

エレガントな印象になるパープルのベースを、顔の中心から外側に向かって伸ばして塗ります。フェイスラインまで塗らないように。

\使ったのはこれ/

Elégance エレガンス モデリング カラーアップ ベース LV600
肌のキメや毛穴の凹凸を補整して、つるんとした肌に仕上げます。SPF25・PA++ 30g ¥4,500(エレガンス コスメティックス)

Point3:ブラシで伸ばし、水スポンジで叩き込む

各パーツごとに、塗りながらポンポンして馴染ませる。水スポンジで馴染ませた後、乾いたスポンジで叩くと、マット感が出ます。

\使ったのはこれ/

Amplitude アンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション
厚塗り感がないのにカバー力と透き通る感のある仕上がりを叶えるリキッドファンデーション。SPF22・PA++ 30㎖ ¥9,000(アンプリチュード)

Point4:磨くようにパウダーをつけ、マット肌に

ブラシで磨くように、パウダーをつけていく。ファンデーションのテカリを抑えて、ふんわりと毛穴をカバー。透明感をプラスします。

\使ったのはこれ/

Yves Saint Laurent アンクル ド ポー オール アワーズ セッティングパウダー ユニバーサル
超微粒子のマイクロパウダーが、毛穴や小ジワをソフトフォーカス。美肌に仕上げます。¥6,500(イヴ・サンローラン・ボーテ)

Point5:おでこは丸くあごは逆三角形。卵型の顔に!

おでこは少し下げるようなイメージで、あごは逆三角形になるように濃いめにシェーディングをブラシでしっかり入れる。

\使ったのはこれ/

LUNASOL シェイディング チークスN 01
3色を混ぜることで、影のような自然な立体感を追加。骨格をすっきりと美しく整えます。¥5,000〈セット価格〉(カネボウ化粧品)

ベース完成!この後のメークプロセスは3/26(木)20時更新です!

2020年『美ST』4月号掲載
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)〈人物〉、西原秀岳(TENT)〈静物〉 モデル/吉村ミキ ヘア・メーク/George スタイリスト/桑代 愛 取材/川上桃子 編集/伊達敦子