韓国女性144人に訊く【プチ整形】の本音と、人気の施術は?《韓国ビューティ》

ソウル文化社「Woman Sense」2019年9月号
〝防腐剤美貌〟〝キレイであることは無罪〟などのキャッチコピーが溢れ、入学のお祝いに二重瞼の手術費用を贈られる、とも言われる韓国。「たとえ整形してもきれいなほうがいい」という価値観があるのは事実、しかしながら、それでも美のトップは「自然美人」。女優の美貌を説明する時の「整形をしていない」という言葉は最高の誉め言葉です。だから今は苦痛と回復時間を要しガラッと容姿が変わる整形より、目立たないように、その人が本来もっているものを磨きアップグレードさせる「プチ整形(=施術)」が主流。それは整形と言うより、あくまでも「管理=ケア」としてとらえられています。

そんな韓国女性のプチ整形事情を、韓国のヘアサロン、エステサロン、病院のどこの待合室にもあると言われる韓国女性誌「Woman Sense」からお届けします。

韓国女性に訊きました。「プチ整形したことがありますか?」

1. 施術(=プチ整形)を受けたことがある?

YES 65.9%   NO 34.1

2. ある→どの部位、どんな施術を受けた?

ほうれい線フィラー・・・・22%
あごボトックス・・・・・・19%
眉間のシワのボトックス・・15%
額のフィラー・・・・・・・13%
唇のフィラー・・・・・・・ 9%
その他(糸リフティング、頬のフィラー、輪郭注射など)・・・22%

3. 施術を受けた理由は?

歳をとったように見えるので・・・・・36.9%
自己満足・・・・・・・・・・・・・・27.6%
プチ整形を受けた知人が見違えるほどきれいになったから・・・17.8%
周囲の人にきれいに見せたいから・・・ 9.5%
憂鬱だったのでなんでもしたかった・・ 5.3%
周囲の勧めで・・・・・・・・・・・ ・2.9%
夫にきれいに見せたくて  ・・・・ ・ 0%

4. 整形より施術を好む理由は?

自然に見えるから・・・・・・・・32.7%
整形手術よりは簡単だから・・・・32.7%
整形手術は怖いから・・・・・・・25.9%
時間がなくて・・・・・・・・・・ 4.4%
価格が相対的に安いから・・・・・ 4.3%

5. 満足?

満足だ・・・・・・・・69.5%
よくわからない・・・・24.2%
満足ではない・・・・・ 6.3%

6. 一番満足した施術は?

エラのボトックス・・・・・・・・21.0%
眉間のシワのボトックス・・・・・20.0%
頬のフィラー・・・・・・・・・・19.0%
ほうれい線フィラー・・・・・・・11.0%
リフティング・・・・・・・・・・ 9.0%
その他(額のフィラー、輪郭注射、口元ボトックスなど)・・・20.0%

7. どんな芸能人がケアをよくしていると思う?

キム・ソンリョン・・・15.0% 
キム・ヒソン・・・14.0% 
チョン・イナ・・・13.0% キム・ヒエ・・・13.0% キム・ナムジュ・・・13.0% 
ソン・ヘギョ・・・12.0%
その他(イ・ヨンエ、パク・ジョンス、ユ・インナ、ソン・ユリ、チョ・ヨジョンなど)

8. 今後どのような施術(あるいは整形)を受けたい?

顔のリフティング・・・・・18.0%
ほうれい線フィラー・・・・17.0%
ダイエット施術・・・・・・17.0%
額のフィラー・・・・・・・11.0%
鼻のフィラー・・・・・・・10.0%
唇のフィラ―・・・・・・・ 9.0%
その他(輪郭注射、顔の脂肪移植、目頭切開、眉間のしわフィラー、豊胸手術など)・・18.0%

9. 施術や整形に関する考え方は?

度を越さなければ賛成だ・・・・・・・・・・・27.3%
最近はきれいに見えなければならない・・・・・18.2%
お金さえあればやりたい・・・・・・・・・・・15.9%
コンプレックス克服、自信の確保・・・・・・・13.6%
ケアは必須だ。羨ましければ、すれば?・・・・11.4%
きれいになるには時間、苦痛、お金がかかる・ ・ 6.8%
自然な自分が好きだ・・・・・・・・・・・・・ 4.5%
深刻な外見至上主義だ・・・・・・・・・・・・ 2.3%

(2019年8月7日から1週間、「Woman Sense」読者144名を対象に実施)
ソウル文化社「Woman Sense」2019年9月号

江南のベテラン整形外科室長に聞いた、現在の韓国【プチ整形】トレンド

キム・セジン室長(THE MENTOR整形外科)は、江南で一番忙しい整形外科の室長として22年目。トップスターAさんからZさんまで、彼女の手帳には特級顧客リストがびっしりです。

Q:2019年、整形と施術のトレンドは何ですか?
A:老化が進行するにつれ肌にあるコラーゲンは抜け出てしまうのですが、注射を利用して(コラーゲンを)人為的に満たし、水分を維持するプチ整形です。自然で簡単です。

Q:毎年新しい注射が登場しているようですが?
A:名前が違っているだけで結局はヒアルロン酸という成分を基本にしています。多かったり薄かったり、他の成分を加えたり、という違いですね。

Q:一番多く希望される施術は何ですか?
A:「リジュラン」と呼ばれる水光注射です。肌の真皮層にヒアルロン酸成分を注射し、しっとりとしてプリプリした肌を作ってくれます。広告撮影を控えた芸能人たちの必須コースでもあります。すぐに効果が現れるので需要が高いのです。リフティング施術である「アキュスカルプ」も人気ですが、Vライン(顔の輪郭の主に顎から首にかけて)の脂肪を溶かして取り除くため、根本的な治療になります。30分の魔術とも呼ばれます。輪郭注射も相変わらず大変人気です。

Q:近頃の女性たちが好むフェイスラインは?
A:耳のすぐ下から顎の先までスリムな、いわゆる〝江南美女〟スタイルは、もうトレンドではありません。自然でありながら立体感のある、いわゆる〝ピーチ型〟の顔かたちを好みます。芸能人で言えば、ソン・ヘギョ、パク・シヨン、コ・ヒョンジョンのフェイスでしょう。

Q:カウンセリングの時よく言われるワナビースターは誰ですか?
A:最近は「誰々とそっくりにしてください」という患者さんはほとんどいません。敢えて言うならば、芸能人よりインフルエンサーの顔をより好みます。最近の患者さんはプライドが高いです。整形に対しても知識が豊富で、主観もはっきりしています。何より自分の欠点を誰よりもよく知っているので、適切なラインで望み通りに施術してあげる場合が多いです。

Q:40代女性にお勧めする注射を3つ挙げるとしたら?
A:ボトックスは顔のラインをケアしてくれ、フィラーはへこんだ皮膚を埋めて優しい印象にしてくれます。水光注射は肌に水分を供給し、しっとり感と弾力を与えます。全て老化を抑制する注射です。

Q:女性にとって整形とはどんな意味があるでしょうか?
A:整形はダイエットと同じです。お金だけで出来るのではなく、努力すればきれいになり、健康になるでしょう。信念もなくてはならず、忍耐と苦痛も伴います。K-ビューティという言葉は、ただ簡単に出てきた言葉ではありません。多くの医師がたゆまぬ研究をし、努力しているのです。彼らのおかげで整形強国になったのです。誇らしい技術であり、文化だと思います。
ソウル文化社「Woman Sense」2019年9月号〈エディター:ハ・ウンジョン、パク・ヒョング(フリーランサー)撮影:キム・ジョンソン、Getty images Bank、UBER整形外科ホームページ アドバイス:THE MENTOR整形外科)〉
©WOMAN SENSE, ALL RIGHTS RESERVED.

翻訳/ETSUKO UEHARA 韓国取材/轟 友貴 編集/石原晶子 
※美ST2019年12月号掲載記事に加筆