放っておくとシミの原因に!【眼鏡痕】を軽減する2つの方法

眼鏡をかけていると鼻パッドのところだけファンデが取れてそこだけ日焼けすることも。さらに眼鏡の重みで鼻パッド部分に負荷がかかり、皮膚が凹んでしまったり、悩みは尽きないもの。そんな厄介者をなくす方法を美女医の木下先生に聞きました。

物理的な刺激を避けて専用コスメでケア

サングラスや眼鏡・老眼鏡の鼻当ての圧力による凹み跡や摩擦によるくすみの他、UV剤が鼻当て部分だけ剥がれてしまい日焼けにも。

ポイント1:ハイドロキノン入りの美容液などで集中ケア

左から、シミをカバーしながら美白ケア。トランシーノ薬用ホワイトニングUVコンシーラー〈医薬部外品〉¥2,600(編集部調べ/第一三共ヘルスケア)ハイドロキノンを配合した夜用集中美容液。エピステーム HQレーザークリア 12g ¥13,000(ロート製薬)

ポイント2:鼻根で支えないタイプを選んで刺激を避ける

鼻当てがないタイプの眼鏡を取り入れて。上・手元用メガネChoco See(ちょこ シー)¥18,000 下・紫外線もブルーライトもカット。さらに軽量化した新モデル5色が新発売。Choco Sun(ちょこサン)¥13,500(ともにシャルマン)

+α 鼻まわりの毛穴に

左から、毛穴が目立つ肌に。ナビジョンGG エッセンス 30g ¥3,000(資生堂)鼻まわりで気になる毛穴の黒ずみは、水と超音波で優しくオフ。ミーゼ ダブルピーリングプレミアム¥19,980(ヤーマン)
眼鏡の重みが圧となり部分的に凹み黒ずむので、鼻パッドがない眼鏡を使用するのは効果的。ハイドロキノン配合の美容液を優しく塗布し、刺激しなければ自然と改善されます。
教えてくれたのは……木下皮フ科クリニック 院長 木下香里先生
一人一人に適切な施術を提案。不安要素のある治療は行わない姿勢にも共感が。オリジナルコスメ等の信頼も厚い。
木下皮フ科クリニック
大阪市西区北堀江1-1-23 養田ビル四ツ橋館2F ☎06-6536-0230
2020年『美ST』5月号掲載
撮影/清水ちえみ(人物)、 大槻誠一(静物) ヘア・メーク/大山美智 取材/山田頼子 編集/小澤博子