初のオンラインライブに世界中のファンが熱狂!大迫力の【東方神起 ライブレポート】「Beyond LIVE」

5月24日、東方神起が初のオンラインライブ「TVXQ!?Beyond the T」を開催。全世界に一斉生配信されました。二人のカリスマ性溢れるパフォーマンスと最新3DやAR技術を駆使した次世代ライブに世界中が大興奮! STAY HOMEでも存分に味わえた極上ライブ体験をレポします。

迫力ある映像美と圧倒的パフォーマンスで新たなライブの可能性が

オンラインライブってどうなの?と半信半疑な方も多いかもしれません。事実、ライター渡辺もそうでした。ところが、客席に向かうライブとは違い、専用アプリを使ってリモート配信向けに企画されたライブは格段に違います!!! 今までのライブ配信とは別次元のハイテクを駆使したステージは期待以上で目が釘付け。ビジョンに囲まれたステージにユンホとチャンミンが現れるとそのオーラに完全に虜に。この迫力!この映像!どうしてテレビに接続しなかったのか、PCの画面を見ながら深く後悔したほどでした(涙)。
チャンミンの汗や空気感までも感じられる距離感。
ユンホのセクシーさも熱い眼差しも全開でした。
息ピッタリの変わらぬ2人の姿にドキドキ。
「呪文-MIROTIC-」を始め、「ANDROID」など日本語曲、ソロ曲「FOLLOW」(ユンホ)や「Chocolate」(チャンミン)を含む全14曲を披露。専用アプリにはマルチアングル機能が搭載され、メインカム、ユンホカム、チャンミンカムと好きなアングルを選べるシステムなど、今までのライブ配信にはなかった技術に驚き!そんな最新技術もさることながら東方神起のパフォーマンスが以前にも増してパワーアップし、さらに大人の魅力に溢れてるのがオンラインでも伝わってきて胸熱!

200人のファンに囲まれ、ビデオチャットでトークも!

注目すべきは、韓国、日本、中国、アメリカのファンからの質問に直接ビデオトークで答える「インタラクティブQ&A」コーナー。画面には200名もの観客が映し出され、彼らとリモートで会話ができちゃうんです。ライブ前のルーティーンは?という質問に「冷たいシャワーを浴びます。集中できる習慣です」(ユンホ)「辛くて刺激的なものは避けて、前日はできるだけ禁酒しようと努力しています」(チャンミン)と、直接質問に答えてくれるなんてファン冥利に尽きますよね!世界中のファンが同時刻にまるで二人と一緒にいるような錯覚に陥るほどの距離感が実現したのもオンラインならでは。

クライマックスは圧巻のパフォーマンスと最新技術の融合

ラストはこれぞ東方神起!と言えるエネルギッシュな怒涛のダンスナンバーを披露。ドラマ「美しい隣人」の主題歌にも起用された「Why?[Keep Your Head Down]」では炎に包まれた都市の中、ヘリコプターが飛ぶ躍動感溢れるAR演出。ファンの掛け声も聞こえ、一体となったライブ会場さながらの盛り上がりに。高度なAR技術は「明日は来るから」でも使われ、二人のハーモニーに乗ってクジラが悠々と泳ぐ姿が曲の世界観と相まって幻想的で忘れられないシーンです。

We are T!全世界のファンへ感謝とエール

最後に「何よりもステージに早く立ちたかったので、ファンの皆さんに挨拶したいと思ってました。こうしてたくさんの人に会えて、全世界にファンの皆さんがいると実感しました」(ユンホ)、「皆さんが大変な時期だと思いますが、Beyond Liveを通してオンラインで一緒に集まって、僕たちもステージできるということが、準備しながらもワクワクしました。ファンの皆さんもこの時期を乗り越えられる力になったら嬉しいです」(チャンミン)と挨拶。
4月に予定されていた日本デビュー15周年を記念するライブツアーやイベントが見送りになってしまったけれど、「どんなに深い闇でも必ず明日はくるから」と二人の歌を聞いて力をもらえた最高のライブでした。“V LIVE”というアプリでのリモートライブ生配信が、いかに近くに感じられて素晴らしいかは実感できましたが、早く二人に会えますように!
取材/渡辺美香 編集/漢那美由紀