自宅でできる!森田敦子さんの【植物由来の免疫アップ】3レシピ

リラックスやリフレッシュの目的で好まれているハーブやアロマ。実は免疫力アップにとても頼もしい薬効があるのです。フランスではメジャーな植物療法を第一人者の森田敦子さんに教わりました。

【飲めるうがい薬】

お茶として飲んでも、うがいにも水筒で持ち歩くと便利
(a)
(b)
ホーリーバジル、エキナセア、メリッサ、レモングラスを各大さじ1杯をポットに(a)。ハーブティーの成分であるイソフラボンやフラボノイドなどのポリフェノールには抗菌力があり、7~8分蒸らすと中の成分をより濃く抽出できます(b)。うがいをする時には冷ましてから。その後お湯で適宜薄めると胃腸にも良いハーブティーとして美味しく飲めます。
左から、自然栽培 ホーリーバジルティー 20g ¥1,000(アムリターラ)、レモングラス 15g ¥450(エンハーブ)、ティザンヌ エキナセア 100g ¥3,200、ティザンヌ メリッサ 50g ¥1,900(ともにコスメキッチンエルボステリア)

【肌に優しい除菌スプレー】

ハーブの殺菌力が手に優しい香りでもリフレッシュ!
(a)
(b)
精製水を30㎖、精油を溶かすエタノールを3㎖、優れた殺菌力があるペパーミント5滴、ティートゥリー2滴、ローズマリー3滴をカップに入れます(a)。精製水とエタノールは、ミネラルウォーターと一般的な40~50度のウオッカでも代用OK!30㎖のスプレー容器に移し、よく振ってから使います(b)。3カ月くらいで使い切るのがベストです。
精油〈前列左から〉E・Oペパーミント 5㎖¥1,300(ニールズヤード レメディーズ)、ティートゥリー、ローズマリー(ともに私物)

【オーガニックな入眠ハーブ】

なかなか寝付けない夜はバレリアンでぐっすり
ハーブの濃縮エキスがチンキ剤です。タンチュメールともいいます。コップ1杯120㎖の水に小さじ1杯5gを入れ、かき混ぜて飲みます。バレリアンには神経抑制作用があり、ほんのり甘いコクで、昼でも夜でもリラックスタイムをサポートします。眠気が起こりやすいので、運転や集中する作業の前などの飲用はやめておいて。カフェインフリー。
アルコール不使用で副作用がなく毎晩でもOK。タンチュメール バレリアン 100g¥2,600(コスメキッチン エルボステリア)
教えてくれたのは……サンルイ・インターナッショナル代表 森田敦子さん
日本における植物療法の第一人者。デリケートゾーンケアから高齢者の介護まで、幅広い知識を活かして生活に密着した植物療法を広めている。
2020年『美ST』6月号掲載
撮影/吉澤健太 ヘア・メーク/伊藤佳奈(bliss) 取材/菊池真理子 編集/佐々木 遼